「田園シンフォニーをもう一度」くま川鉄道の記念きっぷがアートに

「田園シンフォニーをもう一度」くま川鉄道の記念きっぷがアートに

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/01/13
No image

一般社団法人BRIDGE KUMAMOTOは、豪雨災害で水没したくま川鉄道の記念きっぷを素材にした切り絵アート「田園シンフォニーをもう一度」を発売した。

ローカル鉄道が売り始めた「石の缶詰」ただの石ではなかった

くま川鉄道の走る人吉・球磨地方は2020年7月の豪雨災害で大きな被害を受け、登録有形文化財だった球磨川第四橋梁が流出。保有車両も5両すべて浸水し、事務所や駅舎も水没した。いまなお全線で運休が続いている。

今回発売された「田園シンフォニーをもう一度」は、切り絵作家の渡邊義紘(わたなべ・よしひろ)さんにより、豪雨災害で水に浸かってしまった記念きっぷが切り絵アートに生まれ変わった。観光列車「田園シンフォニー」がもう一度走る姿を見たいとの思いを込めて、5両の列車の前面を表現した。額縁は熊本県甲佐町の障がい者支援センター「あゆの里」で制作した。

価格は1万1,000円。1点につき5,000円がくま川鉄道への寄付となる。BRIDGE KUMAMOTOのオンラインショップで販売する。

佐々木康弘

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加