Amazonゴールドカード会員が激おこ! Amazon公式クレカ改悪でプライム会費無料特典が終了

Amazonゴールドカード会員が激おこ! Amazon公式クレカ改悪でプライム会費無料特典が終了

  • OTONA LIFE
  • 更新日:2021/10/17
No image

2021年11月1日より、Amazonの公式クレカが「Amazon Mastercard」と「Amazon Prime Mastercard」にリニューアルされることになった。Amazonの新公式クレカは年会費無料でAmazonプライム会員はAmazonでの買い物で2%還元されるなど、旧クラシックカード会員には多少のメリットはあるが、旧ゴールドカード会員にとっては「プライム会費無料特典」が終了されることになり、まさに改悪でしかない。そこで今回は、Amazonの新公式クレカのメリットとデメリットについて解説したいと思う。

11月1日からAmazonの公式クレカがリニューアル!

Amazonの公式クレカには、実質年会費無料の「Amazon Mastercardクラシックカード(旧クラシックカード)」と、年会費1万1,000円の「Amazon Mastercardゴールドカード(旧ゴールドカード)」の2種類があり、Amazonでの買い物で利用すると2.0~2.5%も還元されるため、かなりお得だった。

しかし、2021年11月1日からAmazonの公式クレカがリニューアルされることになり、新たに「Amazon Mastercard」と「Amazon Prime Mastercard」の2種類が発行されることになったのだ。いずれも年会費は無料でプライム会員になるとAmazonでの買い物で2%還元となるほか、コンビニの買い物では1.5%還元される。

Amazonの新公式クレカは、申し込み時点でAmazonプライム会員なら「Amazon Prime Mastercard」が、プライム会員以外は「Amazon Mastercard」が発行されることになる。また、すでに発行済みの旧Amazon Mastercardはそのまま利用可能だが、サービス内容は11月1日に新公式クレカのものに自動的に切り替わることになっている。

旧クラシックカード会員にはメリットが多い!

今回のAmazon新公式クレカリニューアルでは、どんなメリットやデメリットがあるのだろうか? まず、旧クラシックカードでは年会費が初年度無料で2年目以降は1,375円、年1回の利用で無料となっていたが、今回のリニューアルによって「永年無料」となる。

ポイント還元もAmazonでの利用はプライム会員が2%、プライム会員以外は1.5%なのは変わらず、新たにコンビニでの買い物で1.5%還元されることになった。ほかにも海外旅行保険が最高2,000万円付帯するほか、ショッピング補償が年間100万だったものが200万円にアップされるなど、旧クラシックカード会員にとっては、今回のリニューアルでメリットのほうが多くなるというわけだ。

旧ゴールカード会員にとってはまさに改悪!

旧ゴールドカードは、年会費1万1,000円かかるが、4,900円のプライム会費が無料になる特典があった。しかも、「マイ・ペイすリボ」に加入すると年会費は50%オフの5,500円に、さらに「WEB明細」を申し込むと1,100円の割引になったため、Amazonのヘビーユーザーにとって、旧ゴールカードのメリットは非常に大きかったのだ。

しかし、今回のリニューアルでは、旧ゴールドカードの「プライム会員無料特典」が消滅してしまうため 今後は自腹でプライム会費を支払うことになる。これはまさに改悪でしかないだろう。

なお、旧ゴールドカード会員がプライム会員を継続利用すれば、新サービスへの移行後もAmazonでの買い物で2.5%の還元を受けられるが、もはや焼け石に水であろう。

●Amaozn「Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)」(公式)は→こちら

※サムネイル画像(Image:amazon.co.jp)

By OTONA LIFE

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加