【訃報】元世界王者フェンテス、壮絶KO負けから1年で死去、比嘉大吾、田中恒成とも対戦

【訃報】元世界王者フェンテス、壮絶KO負けから1年で死去、比嘉大吾、田中恒成とも対戦

  • イーファイト
  • 更新日:2022/11/25
No image

モイセス・フェンテスが死去(写真は18年2月比嘉戦)

元世界2階級制覇王者のモイセス・フェンテス(37=メキシコ)が24日午前、死去したとWBCが伝えた。
フェンテスは昨年10月16日、メキシコ・カンクンにてダビッド・クエリャル(メキシコ)の強打を浴び6ラウンドに失神KO負け。フェンテスは仰向けに倒れたまま意識が戻らず、病院に搬送され脳に血栓が見つかったため翌日に手術を行い、意識は戻り自宅でリハビリを行なっていたが帰らぬ人となった。

【フォト&動画】この戰慄の失神KO負けが命取りに、スタッフが駆け寄るシーン

フェンテスは16年大みそかに田中恒成に5ラウンドでKO負けを喫するも17年10月にKO勝ちで再起。しかし、18年2月に比嘉大吾に1ラウンドKO負けすると、続く同年9月にはローマン・ゴンサレスにもKO負け。これで引退かと思われたが、約3年ぶりに再起戦に挑み、クエリャルに6ラウンドでKO負けとなり今回の事故につながった。

WBOフランシスコ・バルカッセル会長は今回の事態に「より慎重に選手へのライセンスを認めていかなければいけない」とコメントしている。

▶次ページは【フォト&動画】この戰慄の失神KO負けが命取りに、スタッフが駆け寄るシーン

【フォト】フェンテスの衝撃失神KO負け
(写真はクリックで拡大します)▼動画は下へ

No image
No image

【動画】この戰慄の失神KO負けが命取りに、スタッフが駆け寄るシーン

◀「元世界王者フェンテス、壮絶KO負けから1年で死去」の記事へ戻る

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加