錦織が嬉しい復帰後初勝利!ATPも「ケイの新しい武器」を称賛

錦織が嬉しい復帰後初勝利!ATPも「ケイの新しい武器」を称賛

  • TENNIS DAILY
  • 更新日:2020/09/15
No image

現地14日の「ATP1000 ローマ」(イタリア・ローマ/9月14日~9月21日/クレーコート)大会初日。男子シングルス1回戦で、世界35位の錦織圭(日本/日清食品)が世界44位のアルベルト・ラモス ビノラス(スペイン)を6-4、7-6(3)のストレートで撃破。右肘の怪我でツアーを離脱してから約1年ぶりとなる勝利を飾った。

錦織は第1セットではなかなかリターンゲームでポイントを取れなかったが、終盤に相手の2本のダブルフォルトからラッキーな形でセットを奪う。第2セットになるとストロークの調子も上がり、度々ブレークのチャンスを作った。

まだ大事なポイントを仕留めきるまで試合勘は戻っていないのか、マッチポイントとなるブレークポイントを合計5本逃したが、それでもタイブレークを制して嬉しい復帰後初勝利を飾った。

錦織は試合後「ほぼ1年ぶりなので素直にうれしいですね。時間はかかりましたけど。まだまだ自分が納得いくテニスはできていないので、その中でも勝つということがまず一つ自信になるのかなと思います」とコメントしている。

またこの試合、錦織は積極的なネットプレーを披露。クレーコートながらサーブ&ボレーも見せるなど、ネットに14回出てそのうち12ポイントを獲得と、高い精度を見せた。

ATP(男子プロテニス協会)公式Twitterも、錦織の勝利を祝福。「ケイが今回のカムバックで新しい武器を携えてきた」と、そのサーブ&ボレーを動画で紹介している。

クレーコートは球足が遅く、ラリーが長くなりやすいため、体力的にもタフな戦いが要求される。ダブルス元世界1位でネットプレーが得意な新コーチであるマックス・ミルニー(ベラルーシ)のもとで、以前よりもショートポイントを増やそうとしていると考えられる。

勝利した錦織は、第10シードのスタン・ワウリンカ(スイス)対ロレンツォ・ムセッティ(イタリア)の勝者と2回戦で対戦する。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「ATP1000 ローマ」での錦織圭
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

wu-sagan

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加