元横浜・柳想鉄氏、ステージ4のすい臓がん告白 03年完全優勝メンバー

元横浜・柳想鉄氏、ステージ4のすい臓がん告白 03年完全優勝メンバー

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2019/11/21

Jリーグの横浜、柏などでプレーし、現在はKリーグ1部・仁川で監督を務める元韓国代表MFの柳想鉄(ユ・サンチョル)氏(48)が19日、ステージ4のすい臓がんを患っていることを公表した。

No image

横浜時代の柳想鉄監督(03年撮影)

柳監督は19日に仁川のクラブ公式サイトで自らの病を公表。10月中旬に黄疸症状が現れるなどの異変が起こり、精密検査を受けたところ、ステージ4のすい臓がんと診断されたことを明かした。

「受け入れがたい診断だった」と病名を告げられた際の心境を振り返った柳監督。だが「サッカー人としてのプライドをかけて仁川のKリーグ1部残留のために最善をつくします。ファンの皆さんが最後まで信じて応援してくださるように、私も最後まで諦めない。病魔に勝ちます」と決意を記した。

柳監督は現役時代、99年に横浜に入団し、01年に柏に移籍。03年に再び横浜に加入し、同年の完全優勝に貢献した。韓国代表としても98年、02年のW杯に出場し、05年限りで現役引退。今季途中から仁川の監督に就任した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
J2長崎内定FW毎熊不発の桃山学院大、今季は初戦敗退「相手にとって怖い選手になりたい」
【動画】筑波大の主将が語る「俺のこだわりサッカースパイク」DF加藤潤
清水篠田監督「強い気持ち持って」神戸戦へ意気込み
『サカつくRTW』★4選手が5段階まで限界突破可能など各種アップデートを実施!「★5河本鬼茂」&豪華報酬が手に入るキャンペーン開催中
九州得点&アシスト王の2年生、宮産大FW宇津元も徹底マークに不発「もっとはがせる選手に」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加