日大・宮川選手(20)が記者会見 テレビ局の遠慮ない「顔のアップ」に批判の声

日大・宮川選手(20)が記者会見 テレビ局の遠慮ない「顔のアップ」に批判の声

  • しらべぇ
  • 更新日:2018/05/22
No image

(PhonlamaiPhoto/iStock/Thinkstock)

6日のアメリカンフットボール第51回定期戦で、日本大学の選手が関西学院大学の選手へ悪質なタックルをしたとして、負傷させた宮川泰介選手(20)と代理人の弁護士が22日に異例ともいえる記者会見を開いた。

背後からの激しいタックルについて、監督・コーチから、反則行為の指示があったことを明らかにした。

■「顔を出さない謝罪はない」

今回の会見は宮川選手の要望で行われたとし「顔を出さない謝罪はない」との理由で顔出しすることを決意したという。宮川泰介選手は緊張した面持ちで会見に臨み、今回の騒動、被害選手やその家族へ「深く反省しています」と謝罪。

監督やコーチから「やる気が足りない、闘志が足りない」といった理由からメンバーから外され、監督からは「宮川なんかはやる気があるのかないのかわからない」、コーチからは「練習に出さない」などと追い込まれていたことを明かす。

また、「相手のクォータバックを潰しに行け」と指示されたとし、コーチからは「できなかったじゃ済まされない。秋の関西学院大の試合でクォータバックがケガをしていれば得だろう」と言われたと語った。

■「胸が痛い」「涙が出る」

20歳になったばかりの学生の異例の記者会見。「どこで判断を間違えたと思いますか?」「もう一度アメリカンフットボールをやりたいとは思いませんか?」など、取材陣からは厳しい質問が寄せられたが、自分自身の言葉で一つひとつ丁寧に受け答えていた。

その姿に、ネット上では「胸を痛める」「立派な記者会見」と称賛する声が寄せられた。

これが我が子だったら・・・見守っているであろう加害選手のご両親の気持ちを思うと胸が痛い。

20歳の大学生とは、子どもか大人か。20歳の彼に何の責任が取れるというのか。

彼が顔を出してまで真実を語ろうとしているのに、日大の監督や大学は何をしているんだ。 #アメフト #記者会見
— 乙女椿 (@otome_diet)
May 22, 2018
from Twitter

やったことは悪い。監督・コーチの指示は絶対と思い込めるスポーツバカなのかもしれない。でも、20歳そこそこの青年に、こんな会見をさせていることに涙が出る。学生一人、部員一人守れない大学に腹が立ってしょうがない。。 #日大アメフト部 #記者会見
— 酔っぱらいたー@m (@m52780717)
May 22, 2018
from Twitter

どんな思いで記者会見してるのか。
監督はこれ見てんのか。

20歳の若者が立派に記者会見しとんのに、なんでこの選手より長く生きてる監督がちゃんとした説明できないのか謎。

宮川選手、頑張れ!
— まNAみ (@__silver_Wolf_)
May 22, 2018
from Twitter

■遠慮ない「アップ」に怒り

会見冒頭、代理人の弁護士は、宮川選手がまだ学生であることを考慮し、メディアに対して「顔のアップなどしないよう配慮を」と伝えていた。

しかし、『グッディ』(フジテレビ系)や『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ系)などでは、謝罪や質疑応答に至るまで宮川選手の顔をアップで放送していた。そのことについても、ネットでは「配慮すべき」と怒りの声が相次いでいる。

日大アメフト部のやつ、記者会見始まる前に弁護士さんが「顔出しは異例ですが、顔の出さない謝罪は無いとのことで、実名と容姿の公開をしています。しかし彼はまだ若いのでアップの顔を映すなどはやめて頂けるよう配慮をお願いします」って言ってんのにずっとアップで写してるメディアやべえな
— りんく (@kurmai)
May 22, 2018
from Twitter

日大アメフトの悪質タックルの中継
記者会見前に「学生なのでずっと顔のアップ映すのは…ご配慮をお願いします」的な事を言われてるのに、テレビ各社が全く配慮無くずっとアップしてる

…芸能人でも犯罪者でもないんだから配慮しろよ!!
— 伊織 (@88rara)
May 22, 2018
from Twitter

タックルした選手の記者会見で、
顔を出さない謝罪はないという本人の意思で二十歳になったばかりの若者が顔出ししております、どうぞご配慮いただいて 顔のアップをとり続けるという事は御遠慮いただきた
というメッセージを流しながらの本人のドアップ!

ずっとドアップ、ドアップ

#ミヤネ屋
— テレビっ子 (@tv_twitte_baboo)
May 22, 2018
from Twitter

「顔を出さない謝罪はない」と顔出しのリスクを背負ってまで、記者会見を開いた宮川選手。今後について「フットボールを続けていく権利も意志もない」と語っていたが、未来ある若者がこれほどまでに疲弊する原因を生み出した監督、コーチの責任は重いといえるだろう。

・合わせて読みたい→ビートたけしがアメフトの悪質プレー問題に激怒 「審判は何をやっているんだ」

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
弾ける人、はにかむだけの人...性格が出る?日本代表の公式ポートレート公開
元なでしこ丸山桂里奈、自由すぎるW杯解説に大ブーイング「試合の話して」
西野ジャパンがコロンビア戦で勝ち点を奪うための理想シナリオとは?
<W杯>元日本代表・戸田和幸、コロンビア戦は「負けなければいい」
【コロンビア戦のスタメン予想】ボランチで確定なのは...。「トップ下・香川」と断定できない理由は?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加