髪の健康のために魚介類を食べよう

髪の健康のために魚介類を食べよう

  • 頭美人
  • 更新日:2016/12/01
No image

髪の健康のために魚介類を食べよう

髪は、血液によって頭皮に運ばれる栄養から生成されます。そのため、健康的な髪を生成するためには、栄養をしっかり取ることが大切です。
ですので、普段の食生活での栄養不足は、髪に影響を及ぼすのです。

髪が栄養不足だと頭皮にも影響し、すぐに抜けてしまう細髪になってしまいます。
栄養不足は、抜け毛や薄毛の原因にもなるのです。

また、健康な髪の生成につなげるには、髪の主成分であるタンパク質を積極的に摂取することが効果的です。同じタンパク質でも肉と魚介類がありますが、人はどうしても肉ばかり摂取しがちです。健康的な髪の栄養を摂取出来るのは、魚介類の方なのです。

肉中心の食生活は髪に悪影響

タンパク質を含む食品で、真っ先に思い浮かぶのは肉類かもしれませんが、髪の栄養のことを考えるなら肉類はあまりオススメできません。
肉類中心の食生活では、髪に良い影響を与えないと考えるべきです。

肉類は、タンパク質を豊富に含みますが同時に、脂質とコレステロールも多いという特徴があります。

そのため、肉類を中心にしてタンパク質を摂取すると、血液中に脂質が多くなりいわゆる血液がドロドロの状態になりやすくなります。
日本人は、長年肉を主食としてきた欧米人と比べて脂質の分解能力が低いので、肉類中心の食生活をしていると血液をドロドロにしてしまう体質の人が多いので、悪影響を引き起こすのです。

脂質の少ない魚介類が髪に適している

髪の栄養となるタンパク質は、脂質の少ない魚介類がオススメです。
特に青魚は、コレステロール過多になりにくい良質なタンパク質となっているので、肉と比べてみてもヘルシーなため、どの魚も肉と比べると栄養的に優秀なのです。

そして、貝類である牡蠣は薄毛対策に有効な栄養素である亜鉛が、非常に豊富に含まれています。
亜鉛は、体内でタンパク質を合成するのは欠かせない成分です。
そのためタンパク質と同時に、亜鉛を摂取することが大切なのですが、牡蠣はそのどちらも含んでいるため、薄毛対策に有効な食材と言えます。
特に亜鉛は、最も不足しやすい栄養素のため、意識的に摂取することを心がけましょう。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
秋葉原の「オタク向け美容室」で推しポケモンの髪型にしてもらった
「世の中ウソばっかり!」決定的に何かが間違ってる例いろいろ
老舗温泉ホテルの熾烈な価格競争 1泊2食で6000円以下も
仰天!江戸時代の「避妊術」がスゴい
【気持ち分かる?】みんなの「小っせーけど、どうしてもイライラしてしまうこと」30連発
  • このエントリーをはてなブックマークに追加