最新ランキングをチェックしよう
流産や胎児の先天異常、ビタミンB3で大幅減か 豪研究

流産や胎児の先天異常、ビタミンB3で大幅減か 豪研究

  • AFPBB News
  • 更新日:2017/08/12

妊婦のシルエット(2011年3月19日撮影、資料写真)。

【AFP=時事】一般的なビタミン剤を摂取するだけで、流産や先天異常を大幅減らせる可能性があるとする研究論文が10日、米医学誌「ニューイングランド医学ジャーナル」に発表された。 ビクター・チャン心臓病研究所の専門家らによる研究では、妊婦体内でニコチンアミドアデニンジヌクレオチド(NAD)分子が不足することで生じる子宮内の胚や胎児の正常な発達

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
紫外光から青色光までを受容できるショウジョウバエの光センサ - 京大
ポリスチレン微粒子でペロブスカイト太陽電池を低コスト化 - マンチェスター大
東大病院、肥満症の治療標的とされる「褐色脂肪組織」の新規制御因子を同定
慶大、食事で摂取されるリンの代謝が老化や寿命を制御していることを解明
初期段階のがん患者から血液検査で腫瘍由来のDNAを検出する方法が誕生
  • このエントリーをはてなブックマークに追加