実はイクメン!? 恐竜の知られざるロマンスを覗き見

実はイクメン!? 恐竜の知られざるロマンスを覗き見

  • 週刊女性PRIME
  • 更新日:2019/08/24
No image

ともに死を迎えたとされる、カーンの雄(左)と雌の化石。まさにロミオとジュリエット!

『恐竜博』といえば「夏休みに親子でわいわい」のイメージだけど、週刊女性は大人の楽しみ方を提案したい!

【写真】子どもに大人気のアノ恐竜も!約2億年前のイクメンたち

最後の時を一緒に迎えたり、母性あふれる子育てしたり、これまで知られてこなかった恐竜の“人間的”な素顔を見てきた――。

実は恐竜はロマンチストだった!?

「うちのダンナもこれくらい子育てに積極的だったら! まさか恐竜のほうが子育てに積極的だったなんて情けない(笑)。子どもだけじゃなく、ダンナも自由研究の題材にしてほしいくらい」

と、苦笑いを浮かべるのは30代のママさん。別にファミレスで、パパの愚痴をこぼしているわけじゃない。ここ東京・上野の国立科学博物館では現在、『恐竜博2019』が開催中とあって、多くの家族連れでにぎわっている。

いつもなら「恐竜カッコよかった!」「ものすごい迫力で驚いた」なんて、夏休み中の子どもたちの感想が次から次に聞こえてくる恐竜博。

でも今回は、子どもの付き添いのママも思わずうなってしまう、恐竜の意外なヒミツが明かされているのだ。

その最たる例が、冒頭のママさんの感想。“超コワモテ”イメージが強い恐竜だけど、中にはなんと育児をしていたとされる“イクメン恐竜”がいたというからビックリ!

「恐竜博2019では、子どもの恐竜や抱卵など、恐竜の子育てといった部分にも焦点を当てているため、女性が見ても楽しめます」

そう太鼓判を押すのは、監修を務める同館標本資料センターの真鍋真さん。例えば、オヴィラプトル類と呼ばれる恐竜は、オスが巣の上に座って卵を守り、自分の体温で成長を促進していた可能性が高いという。

現生生物ではペンギンのオスも同様の行為をするのだけれども、見た目がキュートなペンギンならともかく凶暴そうな恐竜、しかもオスが子育てに参加していたなんてギャップ萌え。

“不良なのに席を譲る親切な人”みたいでズルい……。

「恐竜は、爬虫類のように卵をたくさん産んで、子どもの世話はしないと考えられていたのですが、鳥類のルーツとなるような恐竜に関しては、翼を使って抱卵していました。

現代の鳥類の行動の多くは、恐竜から引き継いでいたことが次々と明らかになっています」(真鍋さん、以下同)

恐竜のイメージを覆すような驚きの発見は、これだけではない。

恐竜のロマンス劇場

「カーン」という恐竜のオス、メス2体の化石が展示されているのだが、これは日本初公開の“化石界のロミオとジュリエット”と呼ばれるカップル。

なぜ、そう呼ばれているかというと採掘時、わずか20cmの距離で寄り添うようにして発見されたのだ。恐竜にもそんなロマンチックな感情があったの!?

「砂嵐のようなものに巻き込まれて、一緒に死んでしまったのではないかと言われています。生前の関係はわからないのですが(笑)、一緒に死んでしまったことは事実」

“2人”が本当に愛し合っていたかはカーンのみぞ知るところだが、太古に非業の死を遂げた1対の恐竜を、7500万年もの時を超えてお目にかかれるだけでもロマンチック! そこに愛があったと信じたい!

また鳥類の祖先であることを考えれば、翼を使っての求愛をはじめとして、愛を語り合っていたのかもしれない。

ロミオとジュリエットの距離を見ていると、そんな妄想が止まらなくなりそう。

もちろん、イクメン恐竜やロマンチスト恐竜以外にも、恐竜博には歴史を塗り替えるような貴重な恐竜たちも集う。

中でも、本展で世界初公開となる、“恐ろしい手”を意味する「デイノケイルス」の全身復元骨格は圧巻。

特徴的な前あしの長さだけで2・4m(!!)とあって、ひと飲みならぬひとつかみされそうな特大インパクト!

さぞかし“暴君”ティラノサウルスにも負けず劣らず、と思いきや草食傾向の強い雑食性だったというから、これまた“大男なのに食が細い”みたいなギャップが。

恐竜にもいろんなタイプがいるんだな~。

高い社会性が存在した恐竜の世界

また、日本の恐竜研究史上最大の発見と言われる、骨格の8割以上がそろう恐竜「むかわ竜」の実物化石と、全身復元骨格の展示も大きな見どころ。

床面に置かれた化石をくまなく見られるように、天井にミラーを配置するなど展示にも工夫が施されている。こちらも地元の北海道むかわ町以外では初公開とのこと。

今回の「恐竜博2019」は初めてづくしの展覧内容があふれているので、恐竜初心者から、愛好家まで広く楽しめるスポットになっている。

「恐竜の中にも、高い社会性が存在していたことが明らかになりつつあります。どこまでが恐竜で、どこからが鳥類なのか、その境界線がわからないくらい連続的な進化があったんですね。

恐竜が進化したように、恐竜博も進化しています。ぜひ、新発見を目撃しに訪れてください」

弱肉強食の世界だけじゃない。恐竜にも人間に負けない(!?)個性豊かな生態と暮らし、恋して、生んで、育てる“愛”があった。

子どものためだけではない、大人の恐竜博に足を運んでみては?

(取材・文/我妻弘崇 撮影/渡邉智裕)

特別展『恐竜博2019』
上野・国立科学博物館にて10月14日(月・祝)まで開催
開館時間9:00~17:00 金曜・土曜は~20:00
※入館は各閉館時刻の30分前まで
入場料(税込み)一般・大学生1600円、小・中・高校生600円
休館日 9月2日、9日、17日、24日、30日
その他お問い合わせ、詳細は
電話 03-5777-8600(ハローダイヤル)https://dino2019.jp/

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
宇宙の彼方からやってきた「地球外鉱物」が隕石から発見
未知の旧人デニソワ人の姿を再現、化石のDNA分析で イスラエル大
サンバイオと旭川医科大、再生細胞薬「SB623」の網膜疾患向け研究を開始
『がん消滅』 生存率上昇へ 私の青写真
クモの糸と木質繊維からつくる生分解可能プラスチック代替品をフィンランドの大学が開発
  • このエントリーをはてなブックマークに追加