BMW、電動車の走行サウンドを共同開発へ...作曲家のハンス・ジマーと提携

BMW、電動車の走行サウンドを共同開発へ...作曲家のハンス・ジマーと提携

  • レスポンス
  • 更新日:2019/11/23
No image

BMWグループと将来の市販電動パワートレイン車の走行サウンドを共同開発する作曲家のハンス・ジマー氏

もっと画像を見る
BMWグループ(BMW Group)は11月20日、EVやプラグインハイブリッド車(PHV)など、将来の市販電動パワートレイン車の走行サウンドを共同開発するために、作曲家のハンス・ジマー氏と提携を結んだと発表した。

ハンス・ジマー氏は、ドイツ生まれの作曲家だ。映画音楽の制作も手がけており、1994年の映画『ライオン・キング』では、アカデミー作曲賞とゴールデングローブ賞を受賞している。

BMWグループは2019年6月、次世代の電動コンセプトカー、『ヴィジョンMネクスト』の走行サウンドを、作曲家のハンス・ジマー氏と共同開発した。ヴィジョンMネクストは、内燃機関を搭載しない電動車のため、静かに走る。その一方、ヴィジョンMネクストBMWの高性能ブランド、「M」を冠する電動コンセプトカーとなるため、それに相応しいサウンドが追求された。

この協力関係をさらに進めて、BMWグループは今回、将来の市販電動パワートレイン車の走行サウンドを共同開発するために、作曲家のハンス・ジマー氏と提携を結んだ。この走行サウンドを搭載する最初の市販電動パワートレイン車は、2020年から量産される予定だ。

BMWグループは、「BMW Iconic Sounds Electric」というブランド名で、BMWの将来の電動車両向けサウンドを開発していく、としている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
2.5インチ?3.5インチ?ハードディスクを購入する際のポイントとは?
冷蔵庫なら20時間、大画面テレビなら15時間以上動かせる!災害時に大活躍間違いなしの大容量126万mWhポータブル電源「EFDELTA」
「最軽量にはこだわらない」Let'snote QV8、逆にこだわったのは?
ワイド設計、6Wデュアルスピーカー内蔵 ネックスピーカー
スマホでカメラを遠隔操作→記念撮影! 東京駅前の「自撮り看板」がハイテクすぎる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加