貧乏生活に実父からの虐待、円形脱毛症...“時系列が合わない”ダレノガレ明美の波乱万丈の人生

貧乏生活に実父からの虐待、円形脱毛症...“時系列が合わない”ダレノガレ明美の波乱万丈の人生

  • messy
  • 更新日:2017/11/13
No image

ダレノガレ明美のTwitterより

ダレノガレ明美(27)が、11月7日放送の『幸せ!ボンビーガール』(日本テレビ系)に出演し、モーニング娘。のオーディションに応募していたことを明かした。6期と7期のオーディションに応募したが、どちらも書類審査で不合格だったそうだ。

番組では、VTRでダレノガレの貧乏エピソードも紹介された。最近、年収は6,000万円以上、住んでいるマンションの家賃は月120万円と告白したダレノガレだが、幼い時は貧乏だったと有名だ。番組でも、幼いころの家族旅行がボロボロのワゴン車に乗り、許可をもらったうえで他人の家の庭先で車中泊だったと明かしている。

ダレノガレの「幼い時は貧乏だった」ネタは鉄板だが、それに次ぐのが「実父からの暴力」「円形脱毛症に苦しんだ過去」だ。かの『いつみても波乱万丈(現:誰だって波瀾爆笑)』に出演できそうなくらい、壮絶な人生を歩んできたと語るダレノガレだが、盛っているのか(?)、証言がめちゃくちゃだ。

ダレノガレは日系ブラジル人の父親とイタリア人の母親の間で生まれたが、その後、両親が離婚。3歳の時、母親が造園業を営む日本人男性と再婚している(2015年に出演した『おじゃMAP!!』で証言)。3歳の時には実父から離れているはずなのだが、実父からの暴力が原因で「実は私、4歳~5歳までの1年間の記憶がまったくなくて」「(実父の暴力による)ショックでしゃべれなくなっていた」と話している(2016年に出演した『チカラウタ』で証言)。

育ての父によって普通の生活を送れるようになったそうだが、時系列がよく分からないことになっている。実の両親が子供の親権をめぐって揉めていた時期、実父がダレノガレを誘拐したとも明かしているので、離婚後も実父から何かしらの被害は受けていたのかもしれないが……。

円形脱毛症については、ダレノガレが小学4年生の時、年の離れた姉が息子を出産し、家族の関心が甥っ子に注がれたことで、「私、捨てられたんだ」と勘違いしてしまい、それが原因で発症。最終的には頭の半分の髪の毛が抜け落ち、カツラを被って学校に通っていたが、それが原因でいじめにも遭ったという。しかし、中学に進学したことをきっかけに、脱毛症の原因は「自分の弱さにある」と気付き、心を強く保つことに徹した結果、中学3年生の時に円形脱毛症が完治したそうだ(2015年に出演した『おじゃMAP!!』で証言)。

中学生という多感な時期に「自分の弱さにある」と気付き、心を強く保った結果、円形脱毛症が完治したというのは、やや安直だ。なお、決して悪いことではないが、円形脱毛症を発症していた時期にモーニング娘。のオーディション(6期、7期)を受けていたことになる。そして円形脱毛症は「弱さ」で発症して「強さ」で完治するものではない。

円形脱毛症については、「実家は決して裕福ではなかったから病院に毎週行くお金だってすごく大変だったと思う」と発言しており、“貧乏設定”が生きている。だが、ダレノガレは中学時代1日に7~8食を食べていたことを明かしており、中学卒業後は私立高校へと進学している。

実父の虐待も含め、証言に一貫性がないため、本人の証言であるにもかからわず、信頼に欠けるダレノガレの過去。画像の加工芸人としても知られるが、自分の過去についても修正しているのだろうか? また改めてダレノガレの証言を聞きたい。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
嵐のコンサート会場近くの「イトーヨーカドーがスゴい」と噂なので行ってみた結果
『アメトーーク!』人気企画「読書芸人」にオードリー若林が出ていないと話題に / 出演辞退した理由が正直すぎるぅ!
“佐藤琢磨と7年不倫”内藤聡子のインスタが意味深......「におわせ」というより「女の念」か
瑛太ベッドシーン裏側明かす「若手は本当にしてる」
名倉潤が持論「AV業界はユーザーを育てすぎた」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加