侍ジャパン、源田遊撃&京田二塁「デンデン」二遊間結成

侍ジャパン、源田遊撃&京田二塁「デンデン」二遊間結成

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/11/12

「アジアプロ野球チャンピオンシップ2017」(16日開幕)に出場する侍ジャパンは12日、日本ハムと練習試合(清武SOKKENスタジアム)を行う。稲葉ジャパン初の対外試合で、二塁・京田陽太内野手(23=中日)と遊撃・源田壮亮内野手(24=西武)の二遊間を結成。新コンビで20年東京五輪への戦いをスタートする。

No image

源田(後方)と一緒にノックを受ける京田

全体練習後の特守で、併殺プレーを入念に確認した。共に名前に「田」の付く「デンデンコンビ」。遊撃・源田が「声を掛けながらやりたい。最初よりは連係が良くなった」と言えば、中日では遊撃を守る二塁・京田は「どこでもいいので試合に出たい」と言った。

ノッカーは井端内野守備走塁コーチ。中日時代は荒木と二遊間を組み「アライバ」の愛称で親しまれた名手から、京田は居残りでマンツーマン指導を受けた。不慣れな二塁ベースへの入り方や、捕球動作を反復し「なかなかこういう経験はできない。引き出しにしたい」と感動。井端コーチは「伸びしろはたくさんある。筋がいい」と評した。セ・パ新人王候補2人の初コンビ。打順も1番・京田、2番・源田で並ぶことが有力だ。 (神田 佑)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
侍にリンゴスター誕生 外崎が3戦6安打4打点でMVP 青森の実家はリンゴ園
由伸監督「Gグラブ取れたし」小林ベストナイン課す
藤谷、ビックリ7発!矢野2軍監督納得「一番飛んでいた」打撃練習継続決定
“ゴリ押し”終了!? 7年連続『紅白』出場のAAA、まさかの落選は「三浦大知に押し出され......」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加