【京都新馬戦】タイミングナウ圧勝デビュー!命名の木梨憲武「いい走りっぷり」

【京都新馬戦】タイミングナウ圧勝デビュー!命名の木梨憲武「いい走りっぷり」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2019/01/06

タレントの木梨憲武が命名したタイミングナウ(牡=中竹、父タピット)が5日、京都4R新馬戦(ダート1200メートル)で楽勝デビューを飾った。

No image

<京都4R>直線で圧倒的な末脚、馬なり独走Vのタイミングナウ(撮影・井垣 忠夫)

ゲート好発からハナを奪って後続に“オイデオイデ”の手応えで2着に4馬身差の圧勝。北村友は「スピードが明らかに違うけど口向きが難しく、ブレーキもない。内にもモタれるので心配だった」と苦笑いを浮かべて胸をなでおろしていた。

馬主(株)キーファーズと親交のある木梨憲武は6日のシンザン記念(京都芝1600メートル)に出走するゴータイミング(牡3=松永幹、父ディープインパクト)に続き命名した馬がいずれも新馬勝ち。本紙の電話取材に「いやー、良かった。いい走りっぷりじゃないですか」と喜んでいた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
「純烈」リーダーが未成年交際!? 他メンバーのスキャンダルも続々飛び出す可能性が......
急な割り込みをしてきた車が何度も危険な急ブレーキで挑発した末、ドライバーが降りてきた!通報したものの、警察のテキトーな対応も物議
Iカップのレンタル彼女、下着をちらつかせながら男性スタッフを誘惑...「圧倒的なサービス回」と視聴者興奮!
【NEWS】韓国「日本が威嚇飛行」の写真公開。ネットからツッコミ続々
韓国が「証拠」の写真公開 “低空威嚇飛行”問題
  • このエントリーをはてなブックマークに追加