墜落事故でJリーグ関係クラブが追悼コメント「言葉になりません」

墜落事故でJリーグ関係クラブが追悼コメント「言葉になりません」

  • ゲキサカ
  • 更新日:2016/11/30
No image

ブラジル1部のシャペコエンセに所属する選手たちが乗った飛行機が墜落事故を起こした大惨事で、かつてJリーグクラブの所属した選手たちの多くがなくなった。関係クラブは公式サイトで哀悼の意を示している。

シャペコエンセを指揮していたカイオ・ジュニオール監督(享年51)は、2009年にヴィッセル神戸を指揮しきしていた。当時選手だった吉田孝行ヘッドコーチは「最初のミーティングで話を聞いた時に『この人の為に頑張ろう』と強く思ったことを今でも忘れません」。同じく当時選手だった朴康造スクールコーチも「この様な報道を聞き、非常に悲しい気持ちです。家族の方たちの事を思うと、言葉になりません」と悼んだ。

MFアルトゥール・マイア(享年24)は、15年に川崎フロンターレでプレーした。1年で帰国し、今季よりシャペコエンセでプレーしていた。公式サイトでは藁科義弘代表取締役社長がコメント。「突然の悲報に接し、言葉を失っています。24歳という若さ、ご家族皆様のお気持ちを思うと悔しさばかりが募ります」と哀しんだ。

DFチエゴ(享年30)は2010年に京都サンガF.C.に在籍。Jリーグ戦10試合に出場した。京都はクラブ一同としてコメントを発表し、「一縷の望みがあるかぎり無事を信じておりましたが、残念ながら逝去された知らせを受けることとなりました」と悔やんだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
自慢の堅守を発揮! 静岡産業大が後半3発でIPU・環太平洋大に快勝
鹿島石井監督「4試合勝って終わりたい」クラブW杯
[MOM411]法政大FWディサロ燦シルヴァーノ(2年)_“ラストワンプレー”で結果残した「顔つき変わった」点取り屋
注目ルーキーのFW岸晃司が激戦に終止符打つ決勝ヘッド! 専修大を勝利に導く
初のJ1昇格逃した岡山、一気に8選手の契約満了を発表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加