恒松祐里JK侵略者 二面性好演、黒沢監督「大女優の素質ある」

恒松祐里JK侵略者 二面性好演、黒沢監督「大女優の素質ある」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/03/21

女優恒松祐里(18)が、映画「散歩する侵略者」(監督黒沢清、9月16日公開)で、女子高生で侵略者という二面性を持つ役柄に挑戦した。

No image

映画「散歩する侵略者」で普通の女子高生ながら侵略者という役どころに挑戦する恒松祐里

昨年のNHK大河ドラマ「真田丸」で、主人公真田信繁の娘・すえを演じて注目を集めた恒松。今作は、外見は普通の女子高生ながら、中身は地球外の侵略者という役どころ。「度を越えた無邪気な好奇心を表現しながらアクションをするのがとても難しかった」と話したが、肉体を駆使して敵をなぎ倒すなどの殺陣のシーンを軽々やってのけた。黒沢監督は「全く躊躇(ちゅうちょ)せずこの難役をスラスラと演じていました。大女優の素質があるんでしょう」と絶賛した。

行方不明だった夫が「侵略者」に乗っ取られて帰ってきたことから始まるサスペンスタッチのドラマ。長澤まさみ(29)、松田龍平(33)らと共演。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のラストと『新たなる希望』の冒頭をシームレスにつなげた結果、やっぱりたぎる内容に
「お前はまだグンマを知らない」劇場版の追加キャストにRG、U字工事ら
『おおかみこども』人間とオオカミの「アレのシーン」でお茶の間が凍りつく
3月26日の注目映画第1位は『PとJK』
森久保祥太郎&茅野愛衣、劇場版アニメ『マジンガーZ』主役&ヒロイン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加