最新ランキングをチェックしよう
恒松祐里JK侵略者 二面性好演、黒沢監督「大女優の素質ある」

恒松祐里JK侵略者 二面性好演、黒沢監督「大女優の素質ある」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/03/21

女優恒松祐里(18)が、映画「散歩する侵略者」(監督黒沢清、9月16日公開)で、女子高生で侵略者という二面性を持つ役柄に挑戦した。

映画「散歩する侵略者」で普通の女子高生ながら侵略者という役どころに挑戦する恒松祐里

 昨年のNHK大河ドラマ「真田丸」で、主人公真田信繁の娘・すえを演じて注目を集めた恒松。今作は、外見は普通の女子高生ながら、中身は地球外の侵略者という役どころ。「度を越えた無邪気

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
高橋一生、恩人の存在を告白「顔に傷がある俳優が好きと言ってくれた」
エマ・ワトソンがコナンに完敗!?実写版「美女と野獣」のまさかの誤算とは
イオンエンターテイメントが、調布に11スクリーンのシネコンをオープン。その呼び物は500席級の大劇場!!
『ゴースト・イン・ザ・シェル』何故ヒロインが日本人じゃなかったのか?足を引っ張った“ホワイトウォッシュ”批判
修道院で起きた衝撃の実話描く、映画『夜明けの祈り』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加