【現地発】マスコミも批判を休止? イタリアが「らしくない挙国一致」でW杯を目指す

【現地発】マスコミも批判を休止? イタリアが「らしくない挙国一致」でW杯を目指す

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2017/10/13
No image

ディ・ビアージョやアンチェロッティが後任候補に挙がるなど、ヴェントゥーラは追い込まれつつある。写真:Alberto LINGRIA

No image

アルバニア戦はカンドレーバの決勝点で勝利したものの、内容的には褒められたものではなかった。(C)Getty Images

No image

マケドニア戦ではCFに入ったインモービレが前線で孤立。まったく良いところがなかった。写真:Alberto LINGRIA

No image

何とかプレーオフ進出を決めたイタリア代表。しかし、ここ数試合のパフォーマンスは……。(C)Getty Images

10月8~10日の最終節でレギュラーシーズンを終えたロシア・ワールドカップ欧州予選。全9グループで首位となった9か国(フランス、ポルトガル、ドイツ、セルビア、ポーランド、イングランド、スペイン、ベルギー、アイスランド)が本大会出場を決め、2位になった9か国の中で最も勝ち点が少なかったスロバキアを除く8か国(スウェーデン、クロアチア、イタリア、デンマーク、スイス、北アイルランド、アイルランド、ギリシャ)が、残る4枠を争って11月に行われるプレーオフを戦うことになる。

グループGを戦ったイタリアは、同居するスペインとの直接対決で1分け1敗に終わり、2位でプレーオフに回ることになった。3位アルバニアとの勝点差10を見ると、とくに苦しまなかったように見えるかもしれないが、実際はまったくそんなことはなかった。

9月のスペイン戦(アウェー)で0-3の完敗を喫したことで、ジャンピエロ・ヴェントゥーラ監督の手腕に大きな疑問符が投げ掛けられたことは、当時レポートした通りだ。

【現地発】あのイタリア代表が「戦術的な時代錯誤」…監督の手腕が槍玉

10月の残り2試合は、マケドニア、アルバニアという格下が相手だというだけでなく、勝点1を挙げればプレーオフ出場が確定するという楽な状況だったこともあり、スペイン戦で限界を露にした4-2-4に代わるシステムを見出し、11月のプレーオフに向けて万全の体制を整えるための準備という位置づけだった。アッズーリを取り巻く空気は、比較的緩いものだったと言っていいかもしれない。

ところが、10月6日にトリノで行われたマケドニア戦は、これが代表の先発デビューとなったシモーネ・ヴェルディ(ボローニャ)を右ウイングに配してチーロ・インモービレ、ロレンツォ・インシーニェと3トップを組ませた3-4-3がまったく機能せず、1-1の引き分けに終わる。

イタリアの得点は、セットプレーで前線に上がっていたジョルジョ・キエッリーニが、その二次攻撃からのクロスを押し込んだもの。90分を通して、通常のオープンプレーからは良い形がほとんど作れなかった。

ダニエレ・デ・ロッシ、マルコ・ヴェッラッティというレギュラーが怪我で不在の中盤センターに、マルコ・パローロ、ロベルト・ガリアルディーニという縦の運動量が持ち味の選手を配したのは、おそらく前線への攻め上がりで攻撃に厚みをつけようという意図からだろう。しかし、最終ラインからのビルドアップが相手のプレスをかわせず簡単に行き詰まり、スムーズな組み立てからチーム全体を押し上げる場面は稀。中央のゾーンを良い形で使えず、最後の30メートルではサイドにボールを逃してそこからクロス、という単調な攻撃しかできなかった。
FIFAランキング103位(イタリアは17位)の相手に枠内シュートわずか3本という不甲斐ない戦いぶりでの引き分けに、試合終了のホイッスルと同時にスタディオ・オリンピコには容赦ないブーイングの口笛が響き渡った。

マスコミ各紙も、一斉に「ヴェントゥーラ叩き」に走る。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』紙が「ジャンルイジ・ブッフォンを筆頭とするベテラン組は、ヴェントゥーラの導入した4-2-4、3-4-3という2セントラルMFのシステムに困惑しており、コンテ時代の3-5-2への回帰を望んでいる」という憶測記事を書き立てれば、『トゥットスポルト』紙はもっと直接的に「ヴェントゥーラ、もうたくさんだ」という厳しい見出しを打った。

そして『ラ・レプブリカ』紙は、「アルバニア戦の内容と結果次第ではヴェントゥーラ監督を解任し、プレーオフはU-21代表監督のルイジ・ディ・ビアージョで戦い、ワールドカップ本大会にはカルロ・アンチェロッティを説得して監督に迎え入れるという声もFIGC(イタリア・サッカー連盟)の中では出ている」という内部情報をスクープした。

これに対しては、ネガティブな空気を鎮めようと主将ブッフォン自らがマスコミの前に出て、「一部で書かれていることは真実ではない。我々はこういう困難な時にこそひとつに結束し、監督を全面的に支えていかなければならない。選手だけのミーティングで話し合ったのもそのことだ」と言明しなければならなかった。

そうして迎えたアルバニア戦、ヴェントゥーラ監督がピッチに送り出した布陣は、9月のスペイン戦で機能せず棚上げされたかに見えた4-2-4。マケドニア戦からは3バックの右CBのアンドレア・バルザーリ、右ウイングバックのダビデ・ザッパコスタ、右ウイングのヴェルディを外す。そして、左WBだったマッテオ・ダルミアンを右SBに移して左SBにはレオナルド・スピナッツォーラを起用し、右ウイングにアントニオ・カンドレーバ、セカンドトップにエデルを入れるという構成である。

一部のマスコミが示唆した3-5-2へのシステム変更をしなかったことで、監督の威信と権限が絶対であることを改めて外部に示した格好だった。
試合は、アルバニアが受けに回って重心を下げ、最も危険な中央のゾーンの密度を高めてきたため、イタリアは後方でのスローなポゼッションでチームを押し上げる。しかし、そこから先の最後の30メートルでほとんど攻め手がないという状況に陥ってしまう。

アルバニアの監督は、前任のジャンニ・デ・ビアージと同じイタリア人のクリスティアン・パヌッチ。選手もセリエA勢が約半分を占めることもあり、イタリアの戦い方は十分承知とばかりに、手堅い堅守速攻に徹してきた。

そうなると唯一の攻め手はやはりサイドということになるが、それもカウンター気味に縦に抜け出してクロスを挙げるチャンスを得た数回以外は、フィニッシュへの形は作れないまま。74分に挙げた決勝ゴールは、左サイドを攻め上がったスピナッツォーラからの何でもないクロスの弾道をアルバニアのCBが読み間違え、ファーサイドに詰めたカンドレーバがフリーで押し込む棚ぼた的に手に入れたものだった。

このゴールで何とかアルバニアを下したイタリアは勝点3を上乗せし、体裁を保ってグループ2位で予選を終えたものの、試合内容そのものは本大会、そしてそれ以前にプレーオフへの不安を煽るに十分なものだった。

ヴェントゥーラ監督自身もそれをよく分かっているということは、試合終了後に思わず口にした次のようなコメントからも明らかだった。

「イタリアはワールドカップで優勝を争えるチームか? これから短い間に新しいトッティが生まれるとは思わない。イタリアはワールドカップを争えるチームではない。いつかそうなるために体制を立て直しているところだ」

事実、スペインに完敗を喫してプレーオフ行きを余儀なくされて以降、イタリアは指揮官からチームまで、自らに対する確信を失い困惑に陥っているように見える。度重なるシステム変更とそれに対する内部の不満、監督を入れず選手だけでミーティングを行って内部の結束を確認するという事態、さらには監督解任まで想定したFIGC上層部の慌てぶりなど、マスコミを通じて漏れ伝わってくる内部のリーク情報(本人たちは否定するが「火のないところに煙は立たない」と言う)は、プレーオフに向けて自信よりもむしろ不安をかき立てるものだ。
状況の深刻さを浮き彫りにしたのは、有料衛星放送局『スカイ・イタリア』のイタリア代表戦実況ジャーナリストで、マスコミでも最もポピュラーで影響力の強いひとりであるファビオ・カレッサが、同局のスポーツニュース『スカイスポルト24』でマスコミと国民に「休戦」を呼びかけたことだった。

「今は結束の時だ。ワールドカップ出場を決めるまでは皆がひとつにならなければ。いまヴェントゥーラを批判するのは簡単だが、それが建設的なことだとは思わない。ワールドカップに行けなかったら誰にとっても大きな悲劇だ。プレーオフまでは休戦することを提案したい。今はイタリア・サッカーにとって困難な時だ。必要なのは団結だ。今からプレーオフまではヴェントゥーラを信頼し、リスペクトしよう。まずワールドカップ行きを決めて、残りはそれからの話だ」

イタリアのマスコミはこれまでほぼ常に、アッズーリに対して容赦なく批判を浴びせてきた。手放しで賞賛するのはそれこそワールドカップで優勝した時だけ、と言ってもいいくらいだ。しかしそれも、イタリア・サッカー、イタリア代表にはそれだけの力があるのだから勝たなければならない、という自信(時には傲り)がそのベースにあったからこそ。しかし今やイタリア・サッカー界全体、そしてマスコミまでがそれを失っているというのが現実である。

プレーオフのドローが決まるのは10月17日。一応シード権を手に入れたイタリアの対戦相手はスウェーデン、アイルランド、北アイルランド、ギリシャのいずれかである。「代表を叩くのは止めよう。今はともかく挙国一致でワールドカップへの切符を勝ち取ろう」という、まったく「らしくない」文字通りの挙国一致体制で、イタリアはロシアを目指す。

文:片野道郎

【著者プロフィール】
1962年生まれ、宮城県仙台市出身。1995年からイタリア北部のアレッサンドリアに在住し、翻訳家兼ジャーナリストとして精力的に活動中だ。カルチョを文化として捉え、その営みを巡ってのフィールドワークを継続発展させている。『ワールドサッカーダイジェスト』誌では現役監督とのコラボレーションによる戦術解説や選手分析が好評を博す。ジョバンニ・ビオ氏との共著『元ACミラン専門コーチのセットプレー最先端理論』が2017年2月に刊行された。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「女子高生ミスコン」各都道府県の“一番かわいい女子高生”全て発表 セミファナリスト66人が出揃う<日本一かわいい女子高生>
乾同僚 靭帯断裂で年内絶望
ベルギー代表の新マスコット発表...“イケメンキャラ”が46%の支持を得る
8戦無敗のインテル、復活は本物!? 伊メディアのアンケートには厳しい声「最高に運が良くて...」
「時には失敗や相手を認めろ!」レスター守護神が伝説的GKだった父に批判される
  • このエントリーをはてなブックマークに追加