元朝赤龍の錦島親方「相撲塾」でエピソード話し爆笑

元朝赤龍の錦島親方「相撲塾」でエピソード話し爆笑

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/01/13
No image

トークショーをする錦島親方(元朝赤龍)(撮影・鈴木正人)

2月4日に引退相撲を控える大相撲の錦島親方(36=元関脇朝赤龍)が13日、東京・両国国技館で行われた「相撲塾」と題したイベントに参加した。初場所(14日初日、両国国技館)を前に行われた土俵祭り終了後、集まったファンの前で、同じ高砂部屋所属の行司、木村朝之助とともにトークを展開。会場となった両国国技館内の相撲教習所には、立ち見を含む超満員の一般客が集まっており、錦島親方は開口一番「緊張しますね」と話し、笑いを誘っていた。

錦島親方が半生を振り返るのが、今回の「相撲塾」のテーマ。モンゴルから元横綱朝青龍関と一緒に来日し、明徳義塾高相撲部を経て角界入り。「1997年9月6日」と、自身がはっきりと記憶している初来日の際に移動で利用したのが、錦島親方にとっても元朝青龍関にとっても初めての飛行機搭乗。「2人とも窓側に座りたかったから、最初は30分ごとに座席を交代していた。そのうちに海が見えてきたら、どっちも『もっと見たい』と思って5分とか10分ごとに座席を替えていましたよ」と、初々しいエピソードなどを明かし、随所で会場を爆笑に包んでいた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
坂上忍、休場の白鵬は「40回の優勝ってなんだったの?」
嘉風2日連続の金星「良かったです。全部です」
AbemaTVが史上初、相撲全取組を完全無料生中継 序の口から結びの一番まで
貴乃花親方の理事解任決定 史上初の処分 相撲協会は仕事始めで負の歴史刻む
39歳安美錦、右膝を負傷か 顔しかめ自力で歩けず
  • このエントリーをはてなブックマークに追加