モーガン プラス8 に50周年特別仕様、最後のBMW V8...ジュネーブモーターショー2018で公開へ

モーガン プラス8 に50周年特別仕様、最後のBMW V8...ジュネーブモーターショー2018で公開へ

  • レスポンス
  • 更新日:2018/01/12
No image

モーガン プラス8 の50周年記念車のロゴ

英国のモーガンモーターカンパニーは1月9日、『プラス8』の50周年記念限定車、「プラス8・50thアニバーサリースペシャルエディション」を、3月にスイスで開催されるジュネーブモーターショー2018で初公開すると発表した。

モーガン社は1908年、ハリーHFSモーガン氏によって英国ウスター州に設立。スポーツカーを少量生産している。プラス8は、1968年から2004年まで生産されていた2シーターのロードスター。2012年春、ジュネーブモーターショー2012では、プラス8が8年ぶりに復活を果たした。

復活したプラス8のハイライトは、エンジン。旧ローバー製に代わる4.8リットルのV型8気筒ガソリンユニットは、BMW製がベースとなっており、最大出力367hpを発生する。スポーツエグゾースト仕様は、最大出力が390hpへ引き上げられた。車両重量は1100kgに抑えられ、0~100km/h加速4.5秒、最高速250km/h(リミッター作動)の性能を発揮する。

ジュネーブモーターショー2018で初公開されるのが、プラス8・50thアニバーサリースペシャルエディション。1968年のデビューから50周年を記念し、50台を限定生産する。モーガンによると、BMW製の4.8リットルV8を積む最後のプラス8になるという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
トヨタ社長、景気アンケートに回答しない理由...上場大企業とマスコミの「新密度データ一覧」
ラーメンからステーキへ 幸楽苑の「いきなり」業態変更へ各社注目
年金支給を70歳超えまで繰り下げた人は、いくら得をするのか?
アメリカでも批判噴出。メイド・イン・ジャパンを誇れなくなる日は近い?
この10年、日本の大企業で「品質問題」が続発する理由がわかった
  • このエントリーをはてなブックマークに追加