IOC会長が組織委を激励 森会長らと会談

IOC会長が組織委を激励 森会長らと会談

  • 日テレNEWS24
  • 更新日:2016/10/19
No image

来日しているIOC(=国際オリンピック委員会)のバッハ会長が、大会組織委員会を訪れて職員を激励し、森会長らと会談した。

バッハ会長は、大会組織委員会の森会長らと会談し、職員の仕事ぶりについて「素晴らしい仕事をしていただいている」などと称えた上で、「がんばれ東京2020」と日本語で激励したという。一方、コストを削減するため18日、設置が決まったIOC、東京都、日本政府、組織委員会の4者での作業部会について、小池知事が国際と国内の競技団体を加えて6者にしたいと提案していることについて、バッハ会長は会談後の取材で、6者の提案を否定し「4者ですでに合意している」と述べた。

バッハ会長「4者による作業部会を作ろうと合意した。都庁においても知事においても、非常によく受け止めてもらっている。これからすることは、きのう到達した合意をきちんとフォローしていくこと」

バッハ会長はこのように述べ、4者で緊密に連携していきたいとした。組織委員会の森会長もこの意見に同意し「オリンピックのために関係者が協力することが大事」と述べた。

動画の再生はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ラウドルップの英クラブ解任は”汚職疑惑”によるものだったと暴露
本田が作り出した“混乱”。勝利のミラン、強さの秘密はセットプレーにあり
墜落事故生存者「死にたい」
リバプール 技術で逆転負け
FKで逆転弾の起点となった本田、伊メディアは及第点「左サイドで役に立った」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加