日本はベネズエラに敗戦、後半は猛攻も前半の4失点が響く

日本はベネズエラに敗戦、後半は猛攻も前半の4失点が響く

  • SPORT|スポルト
  • 更新日:2019/11/19
No image

ベネズエラに敗戦した日本

日本代表は19日(火)、キリンチャレンジカップ2019でベネズエラと対戦した。パナソニック吹田スタジアムで行われたこの一戦は-で終了した。

キルギス戦とは、大きくメンバーを入れ替えた森保監督。植田、柴崎、中島は前節に続き、スタメン出場を果たしている。

前半8分、先制点を挙げたのはベネズエラ。左サイドを崩し、クロスをエースであるロンドンがヘディングで決めた。(0-1)

前半30分、ベネズエラが追加点。エリア外の中央で受けたロンドンが右サイドのマチスにパスを出す。ボールを受けたマチスが走り込むロンドンに合わせて、ゴールに流し込んだ。(0-2)

前半33分、ベネズエラが3点目を決める。左サイドから上がったクロスをエレーラが落とすとまたしてもロンドンが決めた。前半30分程度でロンドンはハットトリックを達成した。(0-3)

前半38分にもベネズエラ。マチスが右サイドから上げたクロスに走り込んできたソテルドがボレーでゴールに決めた。(0-4)

前半はこのまま終了。ベネズエラの猛攻に苦しみ4失点を喫した。

後半開始から、森保監督は植田に代えて三浦、鈴木に代えて古橋を投入した。

後半は徐々に流れを取り戻した日本が23分に1点を返す。
中島が左サイドでキープ。ボールを受け取った永井が中央でフリーとなっていた山口にボールを送ると、ダイレクトでシュートを放った。ボールは相手DFに当たりそのままゴールに吸い込まれた。(1-4)

後半は日本が圧倒する場面が多く見られたが、試合はこのまま終了。前半の4失点が響き、ベネズエラ相手に敗れた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
森保ジャパン代表デビューの12選手、海外組主体の既存戦力への“脅威度”は?
[MOM667]大阪体育大FW林大地(4年)_鳥栖内定FWが2得点、大学で培った「競り」の技
JFL史上初の女性監督!ミラと鈴鹿アンリミテッドが歩んだ「濃密な一年」
7年ぶり出場の中大が2回戦突破! 金沢内定FW加藤が2発...横浜FC内定MF松尾擁する仙台大は8強入りならず
「バラバラになりかけた」湘南、パワハラ騒動から“分解危機”乗り越えJ1残留
  • このエントリーをはてなブックマークに追加