貸し切りバス規制 道交法改正案を閣議決定

  • 日テレNEWS24
  • 更新日:2016/10/18

長野県・軽井沢町で15人が死亡したスキーバス事故を受け、政府は再発防止のため、貸し切りバス会社への規制強化を盛り込んだ道路運送法の改正案を閣議決定した。

18日に閣議決定された道路運送法の改正案では、貸し切りバスの事業許可を更新制にした上で、五年に一度、国が事業者の安全対策や経営状況をチェックする。

さらに、安全確保の命令に従わない業者については、罰金を現在の『100万円以下』から『1億円以下』に大幅に引き上げたほか、違反に関与した経営者や運行管理者ら個人については『100万円以下の罰金』から『懲役1年以下、150万円以下の罰金』へと、罰則を強化している。また、貸し切りバス会社に対し、国が指定した業界団体が巡回指導する仕組みを新たに導入することなども盛り込まれた。

石井国交相は18日の閣議後の会見で、「今年のスキーシーズンに万全の対応を図るためにも、改正案を今の臨時国会で成立させたい。このような悲惨な事故を二度と起こさないよう、取り組んでいきたい」と述べた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「息をするように嘘をつく」いつから登場? 蓮舫氏の党首討論で再注目
橋下徹氏「蓮舫さんなんか二重国籍問題ではバリバリの嘘つきだ」 党首討論での蓮舫代表の発言を受けツイート
小池都知事が定例会見 区議除名や五輪会場問題は
東京都のあま~いチェック体制にメス!!
TPP承認案と関連法案が参院で可決・成立

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

おすすめの特集

おもしろい・役立つ記事をピックアップ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加