オリックス・黒木“球団新人最高”208%増!3700万円でサイン

オリックス・黒木“球団新人最高”208%増!3700万円でサイン

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/12/07
No image

契約更改交渉後の会見で笑顔を見せる黒木

オリックスの黒木優太投手(23)が5日、大阪市内の球団施設で契約更改交渉を行い、2500万増の3700万円でサインした。入団前にメジャー経験がある2003年のマック鈴木の233%アップを除き、純粋な球団の新人では史上最高の208%アップとなった。

「評価していただいたのが伝わった。球団に感謝したい。(昇給分は)貯金しようかな」と笑顔を見せた。

立正大からドラフト2位で入団した1年目。開幕1軍入りを果たすと、55試合で6勝3敗2セーブ、防御率4・22と活躍した。森川球団本部長補佐は「貢献度は明らか」とトップ級の評価を与えたが、黒木は成績の話になると表情を曇らせた。

夏以降に疲労で2度、出場選手登録抹消されたことを悔やんだ。「手応えをつかみきれなかった。来年は1年間、1軍で投げたい」。今季は筋力の数値などを記録し、不調を未然に防ぐデータを集めてきたという。FA移籍の増井と並んでリリーフ陣の柱として期待される右腕は、2年目も進化を目指す。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
東京大会「1000億円程度削減可能」IOC幹部が見通し
【MLB】「非常にワクワク」メジャー復帰マイコラスが会見「熱の籠もった投球を」
広島D1・中村奨、一途なコイ貫く!メジャー興味なし「カープで引退を」
王会長Wキーマン指名 サファテ、内川 名球会もソフトBも盛り上げろ
恩師が語るヒーローの高校時代 西勇輝「菰野の後輩たちにとって大きな道標となった」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加