【日本代表】微に入り細をうがつサポート! ハリルジャパンにおける手倉森誠の存在意義

【日本代表】微に入り細をうがつサポート! ハリルジャパンにおける手倉森誠の存在意義

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2017/11/13
No image

個々の状態や心情を察知し、言葉を投げかける手倉森コーチ。チーム全体を俯瞰したサポートを心掛けている。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

ブラジル戦翌日の練習で、手倉森誠コーチと久保裕也が1対1で話し込む姿があった。

「パフォーマンスのことだよ」

かつてリオ五輪を目指す世代別代表で一緒に戦ったストライカーに対し、同代表監督だった手倉森は、真剣な眼差しでアドバイスを送る。

ブラジル戦は右ウイングで先発した久保だったが、前半だけで交代を告げられている。本人としては悔しい内容だったに違いない。フォローの意味も込めて、手倉森は言葉をかけたようだ。

久保だけでなく、例えば昌子源とも「ディフェンスで感じたことを、確認し合っている」と言葉をかわす。もっとも、「みんなにも同じようなことを言ってるよ」と、チーム全体を俯瞰してのサポートを忘れない。

パス練習では大きな声を張り上げてメニューを説明し、選手たちを鼓舞する。今では表舞台に立つ機会こそ減ったが、義理人情に厚く、細かい部分にまで目が行き届く手倉森は、さまざまな面でチームを下支えし、選手たちのモチベーションを引き上げている。

取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【日本代表PHOTO】前半だけで3失点...後半に槙野が1点を返すもブラジルに完敗

【欧州遠征PHOTO】日本対ブラジル戦に駆けつけた、熱いサポーターたちを激写!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
1、2年生台頭の広島皆実が「心を一つに」5連覇達成!08年度以来の全国王座奪還へ:広島
流経大柏が“プランどおり”のPK勝利で決勝へ!「自信を持っていた」キックは全員成功:千葉
ハンド女子「おりひめジャパン」世界選手権へ渡欧
昌平FW森田が鮮やかV弾!埼玉予選途中から先発の2年生が決勝で舞う
稀代のドリブラー、本山雅志をも唸らせた「オノシンジの超絶技巧」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加