巨人大敗も...光明は“打のヤングG”田中貴2戦連発&岡本3安打

巨人大敗も...光明は“打のヤングG”田中貴2戦連発&岡本3安打

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/11/12

◇練習試合 巨人1―11韓国・ハンファ(2017年11月11日 ひむか)

No image

2試合連続となる本塁打を含む3安打を放ってアピールした巨人・田中貴

巨人は投手陣が18安打11失点で大敗したが、光明は「打のヤングG」だった。

「9番・捕手」でフル出場した田中貴は1本塁打を含む3安打。7回に右越えソロを放ち、6日の韓国・ハンファ戦に続く2試合連発に「自信がついてきている」と胸を張った。4番・岡本も3安打。前日から右足に体重を残した打撃に取り組み「それだけを意識して打席に立った」と振り返った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
由伸監督「Gグラブ取れたし」小林ベストナイン課す
早すぎたトライアウト。「高卒プロ入り→戦力外」の道に後悔はあるか
「比較不可能」打てる投手の域を超えた“打者”大谷をMLB公式サイトが特集
稲葉二世・上林誠知、U-18での悔しさを糧に、トップチームで躍動!
大谷翔平はどの球団に行けばいいのか? 最初の舞台はナ・リーグの球団!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加