ビットコインでお金は殖える!?  読めばわかる「未来しかない」理由

ビットコインでお金は殖える!? 読めばわかる「未来しかない」理由

  • BEST T!MES
  • 更新日:2017/10/12

仮想通貨でお金は殖えます!

No image

最近は毎日のようにビットコインのニュースや記事が出るようになりました。ただ「一夜にして~%暴落」「ビットコインで麻薬取引」などネガティブな情報が流れることも多く、仮想通貨に対して「やっぱり怪しいよね、怖いよね・・・」と思ってしまう方もいるでしょう。

本当にそうでしょうか?

仮想通貨でお金は殖えます!

これだけだと、やや舌足らずかもしれません。もっと丁寧に言いましょう。「普段使っているフィアット通貨(円やドルなど)に比べて仮想通貨(とくにビットコイン)の価値が上がっていく」という意味です。

このシリーズ記事では、「お金とは何なのか」という本質に立ち戻りつつ、仮想通貨の性質、将来性、具体的投資法をお伝えしていきます。

様々に形を変えてきたお金の歴史

仮想通貨の話をする前に、お金の歴史を再度学んでみたいと思います。

ここの知識があれば、仮想通貨の性質がより理解しやすくなるからです。

そもそも現在使っている「お金」というものは、人間が便利に生活を行うために"作られたもの"であり、昔は現在の「貨幣」というものは存在せず物々交換を行ってきました。

その後それでは不便だということで、「稲」「石」「貝」「金」などを経て、「金」へ移行しました。「金」は持ち運びに不便であることから現在の銀行のような両替商という商売ができました。「金」との交換を保証する「預かり証」というものが発行されていましたが、両替商にも不正を働く人が現れ、誰でも紙幣のようなものを発行できるのでは不正が起こるということで出来たのが、現在の日本銀行であり紙幣です。

このように、「お金」は様々に形を変えてきたわけですが、新しい「お金」が生まれるときには反発はつきものです。

今で言えば、皆さんは生まれたときから現在使っている「円」という通貨を使ってきました。そこにあらわれた価格変動が大きくトラストレス(第三者の信頼がいらない)なビットコインに対して違和感を抱いていますよね。

こういった反応はある意味、必然なのです。

お金とは一体何なのか?

次に、そもそもお金とは何なのか考えてみましょう。

日本に住んでいる私たちは普段「円」という交換手段を使って物や時間、労働などあらゆるものと交換していますが、「何」と交換しているか、考えたことはありますか? 答えは「価値」です。自分にとって支払うお金とその「価値」が見合うのであれば、人はお金を支払います。お金は「価値」というものを数字化して価値の尺度をわかりやすくしたものです。

そして、その「お金」自体の価値も変化する所がポイントです。

日本に住んでいると気付きにくいですが、世界を見てみると紙幣である以上未だに偽札が偽造できたり、「円」や「ドル」というフィアット通貨というものは「政府」という発行母体があるため「信用」がある代わりに、「政府」の意向によりいくらでも増やしたり減らしたりすることも可能です。

そして、「金」であった時代から考えると「量産できる貨幣」というものは価値がどんどん下がってきているのも事実です。

反対に「金」の価値は上がっています。明治や大正という時代には、「金」は1グラムほぼ1円でしたが、現在は1グラム約5000円です。

仮に、当時から100万円をそのまま持っていても現在も100万円の価値しかありませんが、「金」に交換していたら今なら50億円の価値になっているのです。

そしてビットコインも今まさしく価値を上げているわけですが、「金」と同じように、ビットコインを支えているブロックチェーンというものは、「希少性」があり「偽造できない」ことから「価値」が上がってきています。

仮想通貨の「銀行がいらない」強み

もともとビットコインが広まったのは「銀行がいらない」という理由もあります。

日本に住んでいると銀行口座を持てますし、金融インフラが整っていますが、世界を見てみると銀行口座を持てない人が多く存在しています。

ですが、ビットコインはモバイルがあれば保管、送金ができます。

No image

私は昨年フィリピンのスラム地区へ行かせていただきましたが、その地区では子供が学校へ行けず一日200円のためにごみ拾いをしています。

普段の生活を切り詰めてでも家族一人を海外へ出稼ぎへ出すためです。

せっかく日本へ働きに来て10万円を母国に送るにも、家族が銀行口座を持っていなければ郵便となり紛失する可能性があったり、銀行口座を持っていたとしても国際送金の場合1万円以上手数料がとられることもあります。

ですが、ビットコインであれば数円から数十円で世界中のどこへでも送金が可能です。

仮想通貨が広まることで、やっと銀行が国際送金にメスを入れましたが、それでもまだまだ高いのが現状です。

仮想通貨は不安定な国では「信用できる」通貨に

繰り返しになりますが、「お金」の価値は変化するものです。

最近でもジンバブエではハイパーインフレが起こりました。また過去をさかのぼってみても、1997年にはアジア危機が起こりました。そのときはお隣韓国でも自国通貨の価値が半分に。世界的には自国通貨ですら信用できない国がたくさんあります。

じつは第二次大戦後、世界経済の安定のため「バンコール」という国際通貨が発案されたこともあったのです。しかしその時はアメリカがドルを基軸通貨とするために反対して実現できませんでした。

ビットコインや仮想通貨は今、世界の政治的・経済的に不安定な国でも信頼できる通貨としての役割を果たそうとしています。

そう言うと、「じゃあ安心できる日本に住んでいる私たちには関係ないよね」という人もいますが、私はそうは思っていません。

ビットコインや仮想通貨を本当の意味で安定したものにし、不安定な国の人たちが安心して使うことができるようにしていくことこそが、先進国に住む私たちがやるべきことなのではないでしょうか。

いかがでしたでしょうか? 仮想通貨に対するマイナスイメージが払拭されたのではないでしょうか。次回は具体的投資方法をお教えします。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「ガソリン代を出さない友人」に不満 「儲けようとするのはセコい」と賛否両論の声
「いっちゃう」の本当の意味は?かわいく「気持ちいい」を伝える10の方法
合コンで「女性たちをドン引きさせた企業」ランキング 飲み会芸はもはやNG?
これは凄い「革命的」過ぎるソファが話題に!一人暮らしに欲しい
疲れた脳を休ませる3つの睡眠習慣
  • このエントリーをはてなブックマークに追加