大阪桐蔭・徳山エースの自覚胸に7回8K1失点

大阪桐蔭・徳山エースの自覚胸に7回8K1失点

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/08/12
No image

米子松蔭戦に先発する徳山壮磨(撮影・伊藤航)

<全国高校野球選手権:大阪桐蔭8-1米子松蔭>◇11日◇1回戦

今春センバツ王者で、史上初となる2度目の春夏連覇を目指す大阪桐蔭が好発進だ。

米子松蔭(鳥取)を圧倒。12安打で8得点した打線に加え、エース徳山壮磨投手(3年)が7回2安打8奪三振で1失点と好投した。

徳山は笑顔で振り返った。

「初戦の入りが大事だと思っていた。真っすぐもキレがあったし、低めにもいっていた。スライダーもキレがあった。テンポよく投げられた」

5回1死まで1人の走者も許さない投げっぷり。初回から三振を積み重ねていった。それは、この夏への思いが凝縮されているようだった。

この日、西谷浩一監督(47)に、エースとしての自覚を胸に投げることを宣言したという。頂点に立った春、喜びの中でも、悔しい思いが同居した。センバツ決勝戦、同点に追いつかれ、8回交代した。成長を誓い、直球だけでなく、変化球の精度を高めようと努力してきた。

「レベルアップした姿を見せられたら」

一回り大きくなったように映った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

高校野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
骨折でスタンド応援・藤本選手 「最高の3年間だった」 悔しさを喜びに
聖光学院、校歌中に「恋人つなぎ」 野球部OBにワケを聞いた
泉口、イチかバチかの決死Vホームイン!大阪桐蔭が“阪和決戦”制す
東海大菅生マネージャー・鈴木雅也さん「終わる時はみんなが笑顔で そして最高の夏に」
智弁和歌山・林 次こそ打倒大阪桐蔭...右肘痛再発も代打安打
  • このエントリーをはてなブックマークに追加