最新ランキングをチェックしよう
日経平均は227円安と5日ぶり反落、米政局不透明感に米国株安を嫌気、円強含みも重し=14日前場

日経平均は227円安と5日ぶり反落、米政局不透明感に米国株安を嫌気、円強含みも重し=14日前場

  • モーニングスター
  • 更新日:2018/03/14

14日前場の日経平均株価は前日比227円30銭安の2万1740円80銭と5営業日ぶりに反落。朝方は、売り優勢で始まった。トランプ米大統領が13日にティラーソン国務長官を解任、米国の政局不透明感から米国株式が下落した流れを嫌気し、いったん2万1800円を割り込んだ。その後、下げ渋る場面もあったが、円が再び強含むとともに株価指数先物売りを交えて再度軟化。一時2万1727円52銭(前日比240円58銭安

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
中村アンの美容法に視聴者が悲鳴「肌が内出血まみれ!」
須藤凜々花「ノーブラ疑惑」の写真を投稿
共働き夫婦だからこそ、夫が絶対に言ってはいけない「地雷」の一言
Hey! Say! JUMP岡本圭人 電撃脱退
GK川島の「落ち度」とは W杯失点に不安、次戦は交代?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加