西加奈子の『i(アイ)』が文庫化!「数日間は余韻に浸ってしまいそう」「抱きしめられたような読後感」という声も!

西加奈子の『i(アイ)』が文庫化!「数日間は余韻に浸ってしまいそう」「抱きしめられたような読後感」という声も!

  • ダ・ヴィンチニュース
  • 更新日:2019/11/19

『i(アイ)』(西加奈子/ポプラ社)
 直木賞作家・西加奈子による傑作長編『i(アイ)』が、2019年11月6日(水)に文庫化された。苦悩を抱えながら現代社会を生き抜く女性の物語に、「待望の文庫化! すごく心に響いてくる小説だった」「数日間は余韻に浸ってしまいそう」と反響が上がっている。
西加奈子の小説からおすすめを厳選・12作品
 同作の主人公・ワイルド曽田アイはシリアで生まれ、アメリカ人の父と

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加