タイムズアローが抜け出し重賞2勝目/栄冠賞・浦和

  • netkeiba.com
  • 更新日:2016/10/20

19日、浦和競馬場で行われた第26回埼玉新聞栄冠賞(3歳上・ダ1900m・1着賞金1200万円)は、離れた4番手でレースを進めた西村栄喜騎手騎乗の2番人気タイムズアロー(牡8、船橋・川島正一厩舎)が、3〜4コーナーで前に取りついて直線抜け出し、2着の3番人気クラージュドール(牡6、船橋・川島正一厩舎)に1.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分2秒0(稍重)。

さらに1/2馬身差の3着に4番人気アウトジェネラル(牡6、大井・藤田輝信厩舎)が入った。なお、1番人気ベルゼブブ(牡3、浦和・小久保智厩舎)は11着に終わった。

勝ったタイムズアローは、父タイムパラドックス、母サンデーエイコーン、その父サンデーサイレンスという血統。重賞はこれで2勝目。

【勝ち馬プロフィール】
◆タイムズアロー(牡8)
騎手:西村栄喜
厩舎:船橋・川島正一
父:タイムパラドックス
母:サンデーエイコーン
母父:サンデーサイレンス
馬主:社台レースホース
生産者:社台コーポレーション白老ファーム
通算成績:39戦8勝(JRA27戦5勝・重賞2勝)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
大原櫻子「実は2世タレント」告白に、岡村隆史もビックリ!
上戸彩が激ヤセでネット民驚愕 「かわいいマチャミ」という例えも
オモシロすぎる!実在の高校名ランキング 3位「飯田OIDE長姫高等学校」
Mー1王者「銀シャリ」の鰻が星野源に激似 相方もメロメロと話題に
ガーナのアメリカ大使館が偽物だったことが発覚...なんと10年も業務を行い偽ビザを発給
  • このエントリーをはてなブックマークに追加