【大阪オートメッセ2018】レクサスのようでレクサスにあらず!? 最新モデル風にチェンジできるカスタマイズパーツが登場!!

【大阪オートメッセ2018】レクサスのようでレクサスにあらず!? 最新モデル風にチェンジできるカスタマイズパーツが登場!!

  • autoblog
  • 更新日:2018/02/18
No image

レクサスのカスタマイズパーツを手掛けるフィクサーは、 大阪オートメッセ 2018 に新作のカスタマイズパーツを装着したSUVを出展した。

スピンドルグリルが装着され、最新のレクサスのSUVのようにも見えるが、「RX」とも「NX」とも違う。

読者の方は、ベースモデルが何かお分かりになるだろうか?

No image

斜めから見たスタイリングも自然な仕上がりとなっているが、サイドのデザインを見れば、ベース車両が何かお分かりになっただろう。

ベースモデルは、2世代目のトヨタ「ハリアー」だ。このモデルは海外でレクサスRXとしても販売されていたモデルなので、なんちゃってレクサスとも言い難い。

No image

リアビューは至ってシンプルだが、コンビネーションランプが、先代の「LS」を想わせる意匠に変更されており、ベース車両のハリアーとの違いを演出している。

最近のレクサスデザインは、シャープで流麗なラインがボディデザインに取り入れられており、多少古さは感じられるが、このエアロパーツを付けることで、現行モデルの気分を手軽に味わうことが出来そうだ。

同社では、先代LSの前期モデルを後期モデル風に、初代「IS」を現行モデル風に仕上げるカスタマイズパーツも手掛けているので、買い替えるほどではないが、今風のレクサスに仕上げたいオーナーは検討してみると良いだろう。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
マルチタスク、薄暗い照明、長い運転時間など。科学的に裏付けられた人間の知性を損なう10の事
お金持ちは「カンニングの天才」 時給を上げられない人の2つの特徴とは?
うつ病の人が良く使う言葉には特徴がある。言語分析で「うつ語」の存在が明らかに(英研究)
「一定間隔でドン、ドン! 上の階からだと思ったら、原因は下の階の『ある遊び』で...」(福岡県・50代男性)
米海兵隊が"PDCA"より"OODA"を使うワケ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加