レバンドフスキ先制&ハメス2点絡みパリSGに快勝

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/12/07

<欧州CL:Bミュンヘン3-1パリサンジェルマン>◇1次リーグB組◇5日◇ミュンヘン

B組でバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)がパリサンジェルマン(フランス)に3-1と快勝した。ポーランド代表FWレバンドフスキが先制点を挙げ、コロンビア代表MFロドリゲスが2得点に絡む活躍だった。W杯で日本と同じH組のスターたちが躍動した。

前半8分、レバンドフスキが口火を切った。左サイドのロドリゲスからゴール前へ柔らかいクロス、コマンが頭でつないでくれた球に左足を合わせ、ゴールを決めた。チームに流れを呼び込むとともに、同20分には高い打点のヘッドでブラジル代表DFチアゴシウバに競り勝ち、同27分には丁寧なポストプレーで起点をつくる。ネイマールから球を奪い返すなど、積極的な守備でも魅了した。

先制点の起点となったロドリゲスは、同37分には絶妙なクロスでトリソの追加点をアシスト。中盤で頻繁に球を受けて攻撃のリズムをつくり続けた。

既に決勝トーナメント進出は決まっていたが、勝たねばならない試合だった。9月の敵地戦で0-3と完敗し、アンチェロッティ監督の解任劇につながった。直接対決2戦合計で3-4と1位突破は譲ったが、雪辱は果たした。今季パリサンジェルマンから3点を奪ったチームは初めてだ。

ハインケス監督は「成功の鍵はチームの気構えだ。やろうとしたことを実践できた」と、勝負どころでの集中力を誇った。リーグ戦でも首位を走るチームの攻撃を支えているのが、いずれもW杯で日本と対戦するポーランドとコロンビアの大黒柱だ。日本にとっては恐ろしい限りだ。(中野吉之伴通信員)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
120分間の死闘2連戦も...パチューカ指揮官、本田は「プレーできる状態だ」
“美人揃い踏み”で大反響! なでしこFW岩渕、「似てますかね?」の3ショット写真公開
今田耕司、美女格闘家RENAとの思い出に苦い顔
人気急上昇中のビーナス! 韓国女子代表のイ・ミナはINAC神戸への入団が内定済
原口、今冬の移籍浮上 クラブ幹部「彼自身が招いたものだ」

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加