高橋一生主演、齊藤工監督作「blank13」ウラジオストク国際映画祭で快挙!

高橋一生主演、齊藤工監督作「blank13」ウラジオストク国際映画祭で快挙!

  • 映画.com
  • 更新日:2017/09/16
No image

ウラジオストク国際映画祭で異例の受賞!

俳優・斎藤工が「齊藤工」名義でメガホンをとった長編監督デビュー作「blank13」が9月16日、東京・台東区で開催中の「第10回したまちコメディ映画祭in台東」(通称:したコメ)のオープニング作品として上映され、齊藤監督をはじめ主演の高橋一生、共演の神野三鈴金子ノブアキが浅草公会堂での舞台挨拶に出席した。

放送作家・はしもとこうじ氏の実話を基にした家族の物語。13年間行方不明だった父親と心の溝を埋められずにいた家族が、父の死後、葬儀の参列者が語る思い出話を通して“13年間の真実”を知る。高橋が主人公・松田コージ役を演じ、齊藤監督はコージの兄役で出演もしている。

4人が登壇するなり場内は大歓声に包まれ、高橋が「よろしくお願いします」と挨拶するだけで女性客から大声援が飛び交うなど、改めてその人気の高さを見せつけた。1分間限定で観客による写真撮影も許可され、登壇陣は客席に向かってにこやかに手を振り続けていた。

この日は齊藤監督の口から、コンペ部門に出品されたウラジオストク国際映画祭(ロシア)で、快挙を達成したことが明かされた。「昨日の深夜、ウラジオストック国際映画祭で、今作の高橋一生さんとリリー(・フランキー)さん、そしてなぜか僕もベストアクター賞を受賞しました。ロシアの方たちが奇妙な愛着を持ってくださったみたいで、何か賞をあげたい、と。心でキャッチしていただいたと、報告を受けました」と述べると、場内は祝福の拍手。従来、同賞は1人のみに贈られるが、3人が同時受賞という異例の結果に。齊藤監督は「最後(自分)はおまけなんですけどね」と謙そんし、高橋は満面の笑みで喜びを表現していた。

今作は昨年の第9回したコメで製作発表されており、「この場に戻ってこられて、感慨深いです」と目を細めた齊藤監督は当時の様子を「金子くんが音楽を担当してくれていますが、(昨年の)登壇ギリギリまで楽屋で曲をつくってくれていた」と振り返る。当の金子は「監督が『木魚でトランスをつくれ』と言ってきた(笑)。煩悩の数、108のビートをつくってやろうと思った」と語り、客席を沸かせていた。

blank13」は、ほか松岡茉優佐藤二朗リリー・フランキーらが共演。18年2月3日から東京・シネマート新宿で限定公開される。なお第10回したコメは、浅草と上野を中心に9月18日まで開催。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
劇団EXILE・佐藤寛太主演映画『イタズラなKiss THE MOVIE 3〜プロポーズ編〜』主題歌が、H△G(ハグ)に決定
『ナミヤ雑貨店の奇蹟』初登場1位!乃木坂46『あさひなぐ』も2位デビュー
カナダのイケメン首相 なんと「チューバッカ」靴下で登場
渡辺信一郎、「ブレードランナー」短編上映会で「やりすぎなぐらい力入れた」と告白
“ゴジラ”を描き続けた3人の作家による原画展「GODZILLA GENERATION」10・27より開催決定
  • このエントリーをはてなブックマークに追加