綾瀬はるか「アクションシーンが楽に」足かけ3年撮影でたくましく

綾瀬はるか「アクションシーンが楽に」足かけ3年撮影でたくましく

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/11/13

女優、綾瀬はるか(32)が13日、東京都内で行われたNHK主演ドラマ「精霊の守り人 最終章」(25日スタート、土曜後9・0)の取材会に出席した。

足かけ3年撮影した同シリーズが完結。短槍使いの女用心棒の主人公・バルサを熱演した綾瀬はアクションシーンを披露してきたが、「アクションシーンが楽になった。最終章は物足りないな、これでいいのかなという感じになりました」とにっこり。「バルサとお別れして前に違う一歩を進むんだなと思いました。(役どころで)ハンサムウーマン的なのはいいですね!」と充実感をにじませていた。

共演の高良健吾(30)、鈴木亮平(34)も出席。

No image

取材会に出席した左から鈴木亮平、綾瀬はるか、高良健吾、原作者の上橋菜穂子さん=東京・渋谷

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「俺、出たくない」ワンオクが紅白出場を徹底拒否する理由
ブルゾンちえみ、小学生時代の写真公開
真木よう子、降板の裏に「新たなスキャンダルを週刊誌がキャッチ」の噂
ダウンタウンが2位!? 「面白いお笑いコンビ」第1位は?
「星野源は悪評だらけ」テレビ局、音楽関係者をあぜんとさせた“横暴エピソード”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加