神戸国際大付、谷口の2打席連続弾で逆転勝ち! 昨夏準Vの北海は初戦敗退

神戸国際大付、谷口の2打席連続弾で逆転勝ち! 昨夏準Vの北海は初戦敗退

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/08/12

第99回全国高校野球選手権大会第5日第3試合(北海4-5神戸国際大付、12日、甲子園)2回戦最初の一戦は、3年連続38度目の北海(南北海道)と3年ぶり2度目出場の神戸国際大付(兵庫)が対戦。神戸国際大付は、6番・谷口嘉紀外野手(2年)の2打席連続本塁打などで、昨夏準優勝の北海に5-4で逆転勝ちした。

今年のセンバツ出場の神戸国際大付が接戦を制した。6番・谷口は1-2の六回、無死走者なしの場面で左翼スタンドへ同点ソロ本塁打。2-4の七回には一死一、三塁で打席が回ると今度は右翼スタンドへ飛び込む2打席連続の逆転3ランを放った。谷口は2本塁打4打点でチームを救った。

先発したエース・岡野は5回2/3を7安打を浴びたが、2失点の粘投。2番手・黒田が1回2/3で2点を失うも、最後は3番手・花村が2回無失点で北海打線の反撃を許さなかった。

一方の昨夏準Vの北海は中盤まで優位に試合を運んだが、2番手・多間が捕まった。

No image

6回、本塁打を放った神戸国際大付・谷口=甲子園球場(撮影・須谷友郁)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
なぜ今夏の甲子園はボールが飛ぶのか。本塁打増を解明する3つの仮説
不祥事・山口が謝罪 本当に検討されていた契約解除
プロ注目の花咲徳栄・西川が猛打!「関東対決」前橋育英を粉砕
20日の予告先発 ホークスVS楽天第3戦は辛島VS武田、DeNA濱口VS巨人畠
仙台育英、九死に1勝!背番16・馬目が“控えの意地”で決めた
  • このエントリーをはてなブックマークに追加