O-157食中毒の老人ホーム 新たに4人死亡 東京・羽村市

O-157食中毒の老人ホーム 新たに4人死亡 東京・羽村市

  • ハザードラボ
  • 更新日:2016/10/18
No image

o-157

先月、腸管出血性大腸菌O-157を原因とする食中毒が原因で、82歳の女性1人が死亡した東京・羽村市の有料老人ホームで、新たに4人の入所者が死亡したと東京都が17日発表した。

食中毒が発生したのは、羽村市栄町の介護付き有料老人ホーム「グリーン東京」。

同ホームでは、今年8月22日の夕食に出された「きゅうりのゆかり和え」を食べた94人のうち、25歳の男性職員と、75歳から100歳の入所者の合わせて32人が食中毒を発症し、うち82歳の女性が先月1日、腸管出血性大腸菌感染症で死亡した。

17日の発表によると、食中毒による感染症がきっかけで、75歳から91歳までの4人の女性入所者が相次いで呼吸器疾患を発症したり、持病が悪化して死亡したという。

同時期に千葉県市川市の介護付き有料老人ホームでも、52人が食中毒を発症し、5人が死亡しており、この2カ所の施設に給食を提供していた岡山県の「シーケーフーヅ」が営業停止処分を受けた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
USJ到着後 客乗せ待機中のバスから出火
ユニクロ潜入ルポ、バイト解雇の流れに「最高のオチ」
千葉大医学生も! 有名大で強制わいせつ・強姦事件が続出〜被害者の「セカンドレイプ」を防ぐには
メタルバンドのドラマー逮捕、大麻所持の疑い
山中の斜面に一人きり 2歳女児発見時の様子が...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加