ドル・円は動意薄の状態がしばらく続くか

ドル・円は動意薄の状態がしばらく続くか

  • FISCO
  • 更新日:2017/11/14
No image

株式会社フィスコ

黒田東彦日銀総裁が13日に行ったスイスの大学講演で、日銀がインフレの前向きな進展に向けて強力な金融緩和を継続するとの立場を示したことから、日米金利差拡大を意識したドル買い・円売り基調が継続。また、米長期金利の小幅な上昇もドル買いの下支え要因となっている。ただ、米税制改革法案の実現性に懐疑的な見方が強まっていることから、ドル買いを積極的に進めることは難しい状況となっている。

本日の東京市場では、主要経済指標の発表もなく新規材料難に欠けることから、113円台半ばのレンジ内取引になると予想される。市場は、ドイツ・フランクフルトで開催されている欧州中央銀行(ECB)会合の討論会に注視している。討論会にはドラギECB総裁、イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長、カーニー英国中央銀行総裁、黒田日銀総裁が参加する予定で、今後の金融政策を見極めたいとの思惑から各中銀総裁の発言に注目が集まっている。

<MK>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日本の宅配業者を救う旧くて新しい宅配ボックス
海外でも高い評価を受けるテキスタイルデザイナー! 北海道「札幌グランドホテル」で『梶原加奈子のテキスタイル展』開催
「作っても売れない」 悩む中国のEVメーカー
ウォール・ストリート・ジャーナル
日本カーオブザイヤーはなぜ、単なる「お祭り」に成り下がったか
日本企業の記者人材登用について:新田氏の記事を読んで --- 松原 吉彦
  • このエントリーをはてなブックマークに追加