ハリルJに依然残る「ある不安」 杉本、倉田は結果を出したが...

ハリルJに依然残る「ある不安」 杉本、倉田は結果を出したが...

  • AERA dot.
  • 更新日:2017/10/11
No image

代表初ゴールを決めた杉本健勇(撮影・六川則夫)

ハイチ代表を招いてのキリンチャレンジカップが10月10日に日産スタジアムで開催され、日本代表は倉田秋(ガンバ大阪)の2試合連続ゴールとなる先制点、杉本健勇(セレッソ大阪)の代表初ゴールで2-0とリードしながら、ハイチの反撃にあって2-3と逆転を許す。それでも、なんとか後半アディショナルタイム2分に、香川真司(ドルトムント/ドイツ)が酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)のシュートに反応して押し込み、3-3のドローに持ち込んだ。

「同じスタメンにはならない」とハリルホジッチ監督が話していたように、6日のニュージーランド戦のスタメンからハイチ戦では9人が入れ替わった。にもかかわらず前半7分、杉本の縦パスを長友佑都(インテル/イタリア)がワンタッチで折り返すと、倉田がふわりと浮かすヘッドで先制点をもたらした。ドーハの悲劇のイラク代表、オムラム・サルランの同点ゴールを想起させるゴールでもあった。

さらに17分には倉田のシュートのこぼれ球から杉本が決めてリードを広げる。立ち上がりのハイチはマンマークがルーズで、攻撃は1トップの21歳の巨漢FWデュカン・ナゾンにロングボールを供給するだけ。日本のゴールラッシュも期待された前半の立ち上がりだった。

しかし前半28分にケビン・ラフランスに1点を返されると、後半8分には素早いFKのリスタートからナゾンに決められて2-2の同点に。さらに後半33分には再びナゾンにミドルシュートを沈められ逆転を許した。

後半のハイチが「アグレッシブにボールホルダーにプレスをかけると嫌がっていたので、後半はより強くした」(マルク・コラ監督)こともあるが、日本は「何人かの選手は精神的にパニックになった。気が緩んだ選手もいて、全力で帰らない選手がいた。メンタル面で脆さが見えた。それが一番のショックだった」とハリルホジッチ監督が述べたように、日本が自滅した試合でもあった。

ワールドカップ出場を決めている日本の選手たちにとって、10月のキリンチャレンジカップ2試合と、11月の欧州遠征、そして12月の東アジアカップは、ロシア行きの切符を争うサバイバルの場でもある。乾貴士(エイバル/スペイン)が「点を決めている選手か、所属チームが上位にいないと代表に呼ばれない」と評したように、攻撃陣には結果が求められた。

その点、以前に「前半から出ていれば違った結果になったかもしれない。交代だと流れを変えないといけないので難しい」と話していた杉本は初のスタメンで結果を出したし、倉田もこの2試合で2ゴールを決めた。しかしながら途中交代の原口元気(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)の「(ハイチは)組織的ではないが、パワーとかスピードはある。やってみないと分からないが、いいチームかもしれない」という不安が的中する形となってしまった。

その原因は両監督が指摘したように、日本には試合状況に応じてゲームをコントロールできるリーダーが不在だったからだ。もしもピッチに吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)がいたら違った展開になっていたかもしれない。そして改めて感じたのが、キャプテンシーのある長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)や本田圭佑(パチューカ/メキシコ)らの存在感だ。

ハイチ戦のスタメンは自分自身のプレーを表現するのが精いっぱいで、チームとして相手の変化に対処しようという共通意識がなかった。ただ、そのための実戦経験が不足していたのも見逃せない事実ではある。

さて日本は、11月の欧州遠征でブラジルとベルギーというワールドカップ出場を決めた強豪と対戦する。コンディションが戻っていれば長谷部、本田と岡崎慎司(レスター/イングランド)、それに負傷中の柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)も状態が良ければ招集されるだろう。特に攻撃陣にとってはサバイバルマッチとなることは間違いない。

過去の例から、FW陣でワールドカップメンバーに選出されるのは、3つのポジションにそれぞれふたりの計6人がマックスだ。左サイドなら攻守に戦闘的な原口、ドリブラーの乾、裏に抜けるプレーとポストもできる武藤嘉紀(マインツ/ドイツ)と激戦区だし、右サイドはスピードの浅野拓磨(シュツットガルト/ドイツ)、オールラウンダーの久保裕也(ヘント/ベルギー)、決定力の高い本田、そして1トップはポストプレーに長けた大迫勇也(ケルン/ドイツ)、そして現役代表最多得点の岡崎に、今回初ゴールを決めた杉本がいる。さらにトップ下は香川と柴崎に加え、小林祐希(ヘーレンフェーン/オランダ)も台頭してきた。

彼らの競争は楽しみである。ただ、ワールドカップ・アジア2次予選のアウェー・カンボジア戦後、長谷部と本田が違う表現ながら、後継者となる若手選手の台頭がないことに不安を口にしていた。リーダーシップを発揮し、チームを牽引できる選手の不在である。それが顕著になったことが、ハイチ戦の収穫かもしれない。

11月の招集メンバーは23名とは限らないかもしれないが、戦力としての実力はもちろん、次代のリーダーを発掘できるのか。個人的には、現有戦力では昌子源(鹿島アントラーズ)に期待している。(サッカージャーナリスト・六川亨)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【サッカーコラム】本田と香川は「括弧付き」のスター!?極めて的確なハリル監督の言語感覚
高潮・高波 台風の爪痕は・・・ 江の島のヨットハーバーも
トリンプ・イメージガールをお披露目 170センチのスレンダー美女
人気“さわる腕時計”日本限定版
なでしこ岩渕にリーダーの自覚 国内組の若手に助言
  • このエントリーをはてなブックマークに追加