簡単収納術!ウォークインクローゼットを綺麗に使いやすくする方法

簡単収納術!ウォークインクローゼットを綺麗に使いやすくする方法

  • マイナビウーマン子育て
  • 更新日:2017/12/13

ウォークインクローゼットが片付かない理由

No image

ウォークインクローゼットは広くて物がたくさん収納できるため、子育て家庭でもあこがれの収納です。しかし、サイズが合わない収納家具がどんどん増えることや、物の置き場が決まらず片付かない収納部屋でもあります。

スペースをうまく活用できてない

ウォークインクローゼットの多くは、2畳くらいのスペースにハンガーラックと棚が設置されているのみで、家庭ごとに収納棚を設置しなければなりません。そのためどこにどのような収納家具を置けばよいかわからず、スペースを有効活用できていない家庭も多いようです。

ウォークインクローゼットの代表的なタイプはL型とI型の2つです。L型は1面が棚でもう1面がハンガーラックとなっています。Ⅱ型は両面の壁に収納棚やラックが設置されています。どのタイプか確認してから、収納家具の置き場所や棚を作る場所を考えましょう。

とりあえず取って置いてある物が多すぎる

ウォークインクローゼットが片付かない理由は、そこに次々と物を入れてしまうためです。まずは「使ってないけれど、とりあえずとっておこう……」といった物がないかチェックしてみましょう。クローゼットが広いと、ついつい押入れや物置のように使ってしまい、衣類以外の物まであふれてしまうことがあります。クローゼットは、衣類・バッグ・ファッション小物を入れる場所、と限定するようにしましょう。収納のポイントは、一目で何がどこにあるかわかるということです。。

場所を取る箱

収納に便利だからという理由で、無料でもらってきた段ボールを使っていないでしょうか? それらはサイズがすべて異なり、無駄なスペースが発生する原因となります。段ボール箱にこだわりたい方は、サイズが統一されている引越し用段ボールの活用がおすすめです。市販の商品でも、サイズのバリエーションが豊富なものを選びましょう。

同じ場所に片付けない

似たようなアイテムだからと同じ場所に入れてしまうと、季節で衣類の使い分けができません。手が届かない場所は季節外の物を収納し、今使う物だけを見える場所に収納しましょう。そうすることで何があるのか一目でわかるようになり、オシャレの幅も広がります。

ウォークインクローゼットを整理整頓

No image

ウォークインクローゼットを整理整頓したいと考えているなら、次のような点に注意しながら分類してみましょう。

いらない物は最初に捨てる

クローゼット内の整理整頓の際には、一度すべての物を出して、いる物といらない物にわけます。迷ったら仮置き場にストックしておいて、ときどき見直すようにしましょう。

空きスペースをうまく活用

大抵のウォークインクローゼットは、ハンガーラックとその上に棚が1枚設置されているだけのつくりです。洋服をラックにかけると、洋服の下が無駄な空間になってしまいます。コートのように丈が長いものは端にかけて、短いものを1つにまとめましょう。そして空いたスペースには、衣類の長さに合わせて積み重ねられる収納ボックスを置きます。季節ごとに衣類が変わっても、収納ボックスを組み替えるだけなので簡単です。

ぱっと見でわかる様に収納

No image

お手本となるのは、お店のディスプレイです。今何を着ることができるのかわかるよう、ハンガーラックにかけて収納すると選びやすいでしょう。ラックの下はあえてゆとりを持たせて棚を設置し、伸びやすいニットを並べてみてはどうでしょうか。靴も同じスペースにあると、全身のコーディネイトがしやすくなります。

洋服を綺麗に収納する方法

No image

衣類はあえて詰め込まないことが、見やすくするテクニックです。子どもがいる家庭ならなおさら、スペースにはゆとりを持たせるようにしましょう。普段着の場所、お出かけ用の場所、小物類と定位置を決めておくことで、子どもも使いやすいクローゼットになります。

おすすめの収納用品

No image

収納用品の選び方で迷ったら、人気があるグッズを選んでみましょう。子育て家庭でも気軽に購入できて、シンプルで使いやすい商品を紹介します。

取り出しやすい収納ケース

100均のセリアで売られている「プレンティボックス」は収納アイテムとして人気があります。クローゼットの上の棚に置いて使う方法や、ハンガーラックの下に並べて使うこともできます。

キャスター付きプラケース

無印良品のポリプロピレンケースは、シリーズで買うことができ、サイズが豊富なことから人気があります。無印良品のケースには、ネット限定でキャスター付きケースが売られているのをご存知でしょうか。複数購入して季節ごとに入れ替えるだけなら、忙しい家庭でも衣替えができます

便利なハンガー

ハンガーは場所を取るものが多く、思ったより衣類が入りません。100均でも滑らないコンパクトなハンガーがありますので、まとめて購入しておきましょう。大切な衣類は木製のハンガーを使い分けてみてください。

まとめ

No image

ウォークインクローゼットは自由に使えるからこそ、収納方法には迷ってしまうものです。家庭に合わせた使い方を見直して、無駄なスペースには収納ケースを使い、うまく収納できるよう変えてみましょう。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「最近ブスが多い」 マツコが考える「ブスの増えた理由」に賛同の声
2018年の税制激変で「一番損する人」と「得する方法」
もし私が10歳の日本人なら...世界的投資家の「驚愕の問いと答え」
AV男優・森林原人が「娯楽としてのエロ」を指南! モテより、まずクリアすべき”3F”とは?
白人女性からファーストクラス搭乗を疑われた黒人男性の切り返し
  • このエントリーをはてなブックマークに追加