【J1採点&寸評】鳥栖 2-1 甲府|決勝弾の鳥栖CBと手堅さ見せた甲府リベロをともに最高評価

【J1採点&寸評】鳥栖 2-1 甲府|決勝弾の鳥栖CBと手堅さ見せた甲府リベロをともに最高評価

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2017/09/17
No image

【警告】鳥栖=チョン・スンヒョン(18分)、吉田(44分)、小林(50分)、原川(72分) 甲府=兵働(34分)、橋爪(48分・63分) 【退場】鳥栖=なし 甲府=橋爪(63分) 【MAN OF THE MATCH】キム・ミンヒョク(鳥栖)

No image

【警告】鳥栖=チョン・スンヒョン(18分)、吉田(44分)、小林(50分)、原川(72分) 甲府=兵働(34分)、橋爪(48分・63分) 【退場】鳥栖=なし 甲府=橋爪(63分) 【MAN OF THE MATCH】キム・ミンヒョク(鳥栖)

[J1リーグ26節]鳥栖2-1甲府/9月16日(土)/ベアスタ

【チーム採点・寸評】
鳥栖 6
前半は甲府にペースを握られ後手を踏んだが、数的有利を生かして結果的には逆転勝ちを収めた。

【鳥栖|採点・寸評】
GK
1 赤星 拓 5.5
早い時間に失点したが、その後はDF陣とコミュニケーションをとりながらリスクを冒さない守備を続けた。

DF
13 小林祐三 6
クロス対応などカバーリングで輝きを放つ。21分の好クリアは甲府の追加点を防ぐ大きなプレーだった。

5 キム・ミンヒョク 6.5
後半はピンチにつながりそうなプレーもあったが、嬉しいリーグ戦初ゴールが値千金の決勝弾となった。

15 チョン・スンヒョン 5
2度の判断ミスで失点を招く、試合を振り出しに戻す貴重なゴールもあったが守備は安定しなかった。

23 吉田 豊 6
サイドからの突破を繰り返してマッチアップする橋爪を退場に追い込み、試合の流れを引き寄せた。

MF
6 福田晃斗 6
クロスなどの精度は今ひとつだったが、サイドを中心にボールを運び攻撃の糸口を作った。

14 高橋義希 5.5
10分に放ったミドルシュートで存在感を出すも、守備で甲府の2トップに手を焼いた。

4 原川 力 5.5
75分にカットインからペナルティエリア内で鋭いシュートを放つも、GK河田のビッグセーブに遭う。

7 河野広貴 5(59分OUT)
中盤より後方に落ちてボールに触ろうとするも効果的なプレーにはならず、チャンスにも絡めなかった。FW
32 ビクトル・イバルボ 6
判定にフラストレーションをため空回り気味になった時間帯も…。決勝アシストの場面では相手守備を単独突破ではがすなど、個人技のレベルは高い。

11 豊田陽平 5.5
後半だけで4本のシュートを放つも、ゴールネットを揺らすことはなかった。

交代出場
MF
25 アン・ヨンウ 5.5(59分IN)
いつものサイドだけでなく、中でもプレーし吉田のオーバーラップを促していた。

監督
マッシモ・フィッカデンティ 5.5
結果的には勝点3を手にしたが、橋爪の退場による甲府の自滅に助けられた。【チーム採点・寸評】
甲府 6
先制した後もカウンターからチャンスを作り主導権を握るも、橋爪の退場ですべてのプランが崩れた。

【甲府|採点・寸評】
GK
1 河田晃兵 5.5
63分、福田の股下を狙ったシュートを止めるなど再三のセーブでピンチを救ってみせたが、勝利には結びつかず。

DF
5 新里 亮 5.5
75分に原川のシュートコースに入るなど、目立ちはしないが身体を張った守備で貢献していた。

8 新井涼平 6.5
5バックの中央でディフェンスラインを手堅く統率し、後半途中からは中盤で攻撃にも絡むなど攻守両面で輝きを放った。

6 エデル・リマ 5.5
対人プレーの強さなど守備だけでなく、積極的な攻撃参加などでも存在感を示していた。

MF
28 橋爪勇樹 5.5
リンスの先制点をアシストし、粘り強く守備もしていたが、痛恨の退場で流れを鳥栖に渡した。

40 小椋祥平 5.5(78分OUT)
中盤でしっかりと守備をしながら前にも出て行き、攻撃に厚みを加えようとした。

15 兵働昭弘 5.5(72分OUT)
左右への散らしや前線へのパスは効果的だったが、時折ミスも散見された。

14 田中佑昌 6
俊足を攻撃ではなく、守備面で発揮。とりわけ48分、懸命に戻ってのクリアは圧巻だった。

27 阿部翔平 5(61分OUT)
左サイドで守備を重視しながらも上下動を繰り返したが、決定機は演出できなかった。 FW
39 リンス 6
DFの後方から隙を突いてクロスにしっかりと詰めて先制点をゲット。攻撃面での役割は果たす。

10 ドゥドゥ 5.5
リンスとの連係でチャンスを作り続けた。61分、62分と続けて放ったシュートがどちらかでも決まっていれば……。

交代出場
MF
11 松橋 優 5.5(61分IN)
途中出場直後に数的不利になってしまい、守備に回らざるを得なくなった。

MF
14 曽根田穫 5.5(72分IN)
運動量を出して鳥栖にとって厄介な存在になりかけるも、決定機は演出できなかった。

DF
4 山本英臣 -(78分IN)
4バックの最終ラインを統率しようとしたが、結果的には逆転負けを喫してしまうことに……。

監督
吉田達磨 5.5
守備を安定させて、力のある2トップを生かす策はハマっていた。退場さえなければ、結果は違っていた。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

取材・文:荒木英喜(フリーライター)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大宮の監督の目に留まった「小さい頃から知っていた」筑波大のある選手とは
横浜ヴィエイラ逆転ハット「次につなげられた」
筑波大 J発足以降の大学勢初の8強逃す...大健闘もJ1クラブ4連倒ならず
「第5審がいたので...」微妙判定に心残りも、中野誠也があの“ワンシーン”で感じた成長
筑波大学、天皇杯16強敗退も“ジャイキリ”連発で残した衝撃。青年たちが経た大冒険
  • このエントリーをはてなブックマークに追加