辻、久田トップ並走 開設64周年記念 【とこなめ】

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2017/09/15

とこなめボートのG1開設64周年記念「トコタンキング決定戦」は15日、予選ラストの4日目を迎える。飛び抜けて好成績の選手が不在で、オール3連対の辻栄蔵と久田敏之が得点率8・00で首位を並走。準優ボーダーを6・00と想定すると、無事故完走で当確は辻と3位の魚谷智之だけ。4日目は全12Rのうち7個Rで、1着を取ってもボーダーに届かない1枠がいるだけに、ベスト18入りを懸けた争いは最後まで目が離せない。得点率表以下も、烏野賢太、池永太、吉村正明、杉山正樹、重成一人の5人が数字上は予選突破の可能性を残す。

=2017/09/15付 西日本スポーツ=

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
賛否両論が渦巻く岡崎の“泥臭い一撃” 英紙は「今節ベストショット12選」で紹介
長谷部の魂の“首ブロック”をブンデス公式特集 ファン称賛「SAMURAI」「ザ・ファイター」
気になるのは「やっぱりエスパルス」...順天堂大DF村松航太、プロ入り目指しボランチ挑戦も
「もう答は出た、オカザキがベストだ!」 レスター地元紙が巻き返しの最重要キーマンに指名!
ネイマール欠場のPSG、今季初の無得点で公式戦の連勝記録「7」でストップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加