里崎氏、日ハムドラ1の清宮は「大きく育ってもらいたい」

里崎氏、日ハムドラ1の清宮は「大きく育ってもらいたい」

  • ベースボールキング
  • 更新日:2017/11/13
No image

高校日本代表でも活躍し日本ハムからドラフト1位指名を受けた清宮幸太郎

ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める里崎智也氏が12日、自身が番組パーソナリティを務める『里崎智也のスポーツ直球勝負!』で、日本ハムからドラフト1位指名を受けた清宮幸太郎について話した。

清宮は中学時代から“和製ベーブ・ルース”の異名を持つなど、早くから注目を集めた。高校入学後も、1年生で出場した第97回全国高校野球選手権大会では2本のアーチを描くなど、高校通算歴代トップの111本塁打を記録。10月に行われたドラフト会議では、ソフトバンク、楽天、日本ハム、ロッテ、阪神、巨人、ヤクルトの計7球団から指名を受けた。

高校時代の実績を見れば、1年目から活躍を期待したくなるが、里崎氏は「どの新人選手にも言えることですが、1年目から頑張ってくれたらラッキーとしか思っていないんですよ」と話す。「あんまり期待しすぎてもかわいそう。長い目で見て、長期的にそのチームの柱になってくれる方がいい。そういう意味でいうと、1年目に重圧をかけるのではなく、大きく育ってもらいたい」と語った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
3位から日本S進出、DeNAの戦力整理 元開幕投手は引退、ドラ1が複数戦力外
「もういいや」と捨て身の覚悟!? サンシャイン外崎が西武ファン感で絶叫
FA増井、監督出馬のオリに「熱意感じる」
どん底味わった2人の男、最下位ロッテに加入 新風吹かせるか
二刀流起用の本気度で計った大谷翔平獲得の本命球団とは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加