インクリメントP、北米市場へ参入...IT企業にアジアの地図データ提供

  • レスポンス
  • 更新日:2016/11/30

インクリメントPは、北米市場に参入すると発表した。

北米地域の戦略的活動拠点として「インクリメント P ノースアメリカ」(IPNA)を米国カリフォルニア州サンノゼ市に設立した。資本金は60万ドル。

北米IT企業各社はビッグデータビジネスやシェアリングサービス、自動運転などのグローバル展開を計画しており、これらの事業の構成要素として「地図データ」は必要不可欠。これらの企業はアジア圏に進出するのに伴って、日本とASEAN地域の地図データへの需要が増加するとともに、そのニーズも多様化している。

このため、同社は北米地域の各企業のニーズに適した日本やASEAN地域の地図データの提供を強化するため、米国子会社を設立した。

新会社は今後、北米地域各社への日本地図データとASEAN地図データのコンサルティング業務や、インクリメントPの地図データに関する北米地域での技術サポート業務、北米地域での市場、企業動向などのリサーチ業務を展開する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
47歳、勤続15年でも年収360万円。真面目に働いても年収が上がらない“稼げない病”とは?
日産、容赦なさすぎの「系列」完全解体完遂へ...最大の部品会社切り、IT企業と連携強化
安全性の違いに驚きの声! アメリカ産対メキシコ産の日本車が正面衝突
ブレーキと間違えアクセル踏み込んでも急発進せず 「ペダルの見張り番」
トヨタ、新型パワートレーンを発表! 2017年より搭載車種を拡大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加