Apple、デザイン部門にWIREDのクリエイティブ総責任者を引き抜き!

Apple、デザイン部門にWIREDのクリエイティブ総責任者を引き抜き!

  • iPhone Mania
  • 更新日:2016/11/30
No image

雑誌「WIRED」のクリエイティブディレクターが、Appleのデザイン部門に転職することが明らかになりました。

WIREDのブランド全般のクリエイティブを統括

WIREDのクリエイティブ部門の責任者であるビリー・ソレンティーノ氏が、Appleのデザイン部門に転職することを現地時間11月29日に明かした、とRe/codeが報じています。

ソレンティーノ氏は、WIREDブランドのクリエイティブ全般にわたり、雑誌以外にもWebやモバイル、ソーシャルメディア、物販、ライブイベントなどを統括していました。最近では、アメリカ版WIREDの最新刊に掲載予定の、バラク・オバマ米大統領とのインタビューにも立ち会っています。

ソレンティーノ氏の後任には、同氏の次席だったデビッド・モレッティ氏が就任予定です。

Appleでは主にソフトウェアデザインを担当?

ソレンティーノ氏がAppleで担当する具体的な業務内容については不明で、Appleは同氏の入社について何もコメントを出していません。

9to5Macは、「ソレンティーノ氏は主にソフトウェアデザインを担当するのではないか」と予測し、「Appleにとっては素晴らしい新戦力であると同時に、WIREDにとっては大きな損失だろう」と指摘しています。

日本でも刊行されているWIRED

WIREDは、アメリカで創刊され、ビジネスやテクノロジー、カルチャーを網羅した雑誌で、日本でも一時休刊後、再刊行されています。

No image

日本版WIREDは、スティーブ・ジョブズ氏が2011年に他界した後、「スティーブ・ジョブズが遺した14のレッスン」と題した特集を組んでいるほか、2013年には映画「スティーブ・ジョブズ」の公開を記念した保存版特別号を刊行しています。いずれも、デジタル版のバックナンバーが購入可能です。

Source:Re/code,9to5Mac
Photo:WIRED(米国版),WIRED(日本版)
(hato)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Appleカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Appleが写真家に贈った「iPhoneで撮影」の作品集
iPhone 6sがシャットダウンされる問題、シリアル番号からバッテリー交換対象か判定可能に
iPhone 6sに電源が突然落ちる不具合 バッテリー無償交換
違い、わかる?iPhone7 Plusと570万円の映画制作用機材と撮り比べ!
改札前で慌てない!電子マネーの残高がわかるパスケースが登場
  • このエントリーをはてなブックマークに追加