競泳・小関の暴力問題、天井は遅刻を否定「1時間前で間に合うと」

競泳・小関の暴力問題、天井は遅刻を否定「1時間前で間に合うと」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/01/16
No image

自身が暴力を受けた問題について説明する天井翼

競泳男子平泳ぎの小関也朱篤(25)=ミキハウス=がスペインでの日本代表合宿中に起こした暴行問題で、暴力を受けた天井翼(23)=ミキハウス=が14日、都内で取材に応じ、「今回このような事件でお騒がせして、すみませんでした」と謝罪。同部屋で炊飯当番に当たっていた天井が遅れたことが発端となり、小関が立腹したと報道されていたが、「報道では僕が遅刻したことが原因と書かれていたが、そこを説明したい」と否定した。

暴力問題が起きたのは昨年12月1日。昼食は13時からだった。11時40分に練習を終えた天井は、時差調整も兼ねてサッカーをしていたが、部屋には12時に戻ったという。

炊飯にかかる時間の想定として、天井は15分、小関は45分と相違があったとされるが、天井は「1時間前には戻ったので間に合うと思った」と、自身が遅刻したという認識はないと説明した。

2人は集合時間の約束をしていなかった。しかし、部屋に戻ると先に小関が炊事の準備をしており、天井は謝罪したものの、腹を1発、アゴを1発殴られた。その後、互いに謝罪し、合宿終了まで同部屋で過ごした。

天井は顎(がく)関節に違和感が残るため、今も口腔(こうくう)外科に通院しているという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【サッカーコラム】日本代表・井手口のスペイン北部にある新天地はサッカーに集中しやすい 寛容なファンと名物にんにくスープ
SC軽井沢ク、五輪へ決意=カーリング〔五輪・カーリング〕
  • このエントリーをはてなブックマークに追加