世界3大映画祭を制した名匠ファティ・アキン監督、「女は二度決断する」携え来日決定

世界3大映画祭を制した名匠ファティ・アキン監督、「女は二度決断する」携え来日決定

  • 映画.com
  • 更新日:2018/02/13
No image

出演者のデニス・モシットーと共に来日 (C)2017 bombero international GmbH & Co. KG, Macassar Productions, Pathé Production,corazón international GmbH & Co. KG,Warner Bros. Entertainment GmbH

カンヌ、ベネチア、ベルリンの世界3大映画祭で受賞歴を誇るドイツの名匠ファティ・アキンが、最新監督作「女は二度決断する」を携えて3月下旬に来日することがわかった。同じく来日する出演者のデニス・モシットーと共に、イベントへの登壇も予定されている。

イングロリアス・バスターズ」「ミスター・ノーバディ」のダイアン・クルーガーを主演に迎え、第70回カンヌ国際映画祭で女優賞、第75回ゴールデングローブ賞では外国語映画賞受賞に輝いた本作。突然の悲劇でトルコ人の夫と幼い息子を奪われた女性が、絶望のなかで下す決断を描く。トルコからの移民を両親に持つアキン監督が、ドイツの極右テロ組織・国家社会主義地下組織(NSU)が2000~07年に起こした人種差別テロ事件に着想を得て製作した。アキン監督作品の常連俳優であるモシットーは、ヒロインのカティヤ(クルーガー)の旧知の友である弁護士ダニーロを演じている。

アキン監督の来日は、「ソウル・キッチン」以来約8年ぶり。「愛より強く」「そして、私たちは愛に帰る」「消えた声が、その名を呼ぶ」といった重厚な作品で知られるが、近年ではベストセラー小説を映画化した「50年後のボクたちは」など、軽快な青春ドラマも手がけている。

女は二度決断する」は、4月14日から全国公開。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
最低作品賞・最低監督賞・最低脚本賞ノミネート! 「絵文字の国のジーン」は何がそんなにダメなのか
<高橋一生×齊藤 工インタビュー>同世代2人が互いに抱く“特別な思い”「半ば諦めかけていた」奇跡のタッグ実現の裏側
大杉漣さん急死 ドラマ収録後に倒れ...松重豊が病院搬送も
『花は咲くか』渡邉剣×天野浩成「初めてのキスは塩サバの味」キャスト対談&相性診断
セブンティーンモデル・久間田琳加、映画初主演に喜び「撮影が楽しみ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加