村上春樹、新作長編の刊行決定 書き下ろし2000枚、全2冊

村上春樹、新作長編の刊行決定 書き下ろし2000枚、全2冊

  • KAI-YOU.net
  • 更新日:2016/11/30

小説家の村上春樹さんが、7年ぶりとされる新作長編を刊行することが分かった。

発売日は2017年2月を予定しており、書き下ろし2000枚の全2冊からなる作品になるという。タイトルは未定。

発行元となる新潮社では、特設サイトを開設。今後の情報を希望する人に向けてメールフォームを用意し、登録者を募っている。

『1Q84』以来の本格長編

村上春樹さんは2009年5月に『1Q84』を刊行。単行本で全3巻の大長編となった。

なお、新潮社の特設サイトでは「7年ぶりの本格長編」と銘打たれているが、2013年にも長編『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』を刊行している。

村上春樹さんは、2016年にはデンマークの文学賞である、ハンス・クリスチャン・アンデルセン文学賞を受賞するなど、近年も世界各国から評価され続けている。

新作がどのような作品になるのか、今後の発表にも期待したい。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

漫画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「るろうに剣心」北海道編が来春開幕!今号のSQ.には序幕となる「明日郎」後編
浦沢直樹に聞く 33年にわたって描きまくる作品の世界
「鬼滅の刃」4巻帯コメントは冨樫義博!LINEスタンプもリリース
運動センスのない高校生がラグビー部に、YJ新連載「フルドラム」
不良少女×オタクのラブコメ「中古でも恋がしたい!」YGでコミカライズが始動

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加