初スタメンの中大・小野寺がV打「これからも競争」/東都

初スタメンの中大・小野寺がV打「これからも競争」/東都

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/09/15

東都大学野球秋季リーグ第2週第2日(14日、神宮)2回戦2試合が行われ、中大が立正大を5-3で下し、亜大は日大に2-1で競り勝ち、ともに連勝で勝ち点1を挙げた。中大は、小野寺祐哉内野手(2年)が勝ち越し打を含む3安打1打点と活躍。亜大は初先発の右腕・山城大智投手(3年)が6回1失点に抑え、今季初勝利(通算2勝目)を挙げた。

「6番・DH」で初スタメンの中大・小野寺が、六回二死二塁で右前に決勝打を放った。「DHで出るので、チャンスに打たないと意味がないし、初球から打っていこうと思った」。同じ2年生で三塁で出ている内山をライバル視し、「これからも競争」と意気盛ん。清水監督は「最初のカードに連勝で勝ち点をとれたのは大きい」と喜んだ。

No image

立正大2回戦でタイムリーを放った中大・小野寺=神宮球場(撮影・赤堀宏幸)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
巨人戦で左翼スタンドから物が投げ込まれる 福留の頭上を通過
21日の予告先発 日ハム大谷vsソフトB武田、西武菊池vsロッテ佐々木
広島連覇のカギはスカウトにあり「絶対誠也がいい」
昨季最下位→現在4位で...オリ福良監督 続投決定「来年はCS」
今秋ドラフト候補の奈良学園大・宮本&村上海に阪神と巨人から調査書
  • このエントリーをはてなブックマークに追加