過酷な環境で使える武骨なタフカメラ「G'z EYE(ジーズアイ)」―カシオから

過酷な環境で使える武骨なタフカメラ「G'z EYE(ジーズアイ)」―カシオから

  • インターネットコム
  • 更新日:2017/10/11
No image

すべての動画・画像がある記事はこちら

カシオ計算機は、過酷な環境下で行われるエクストリームスポーツの撮影に適したタフカメラ「G'z EYE(ジーズアイ)」シリーズを発表した。第1弾として耐衝撃、防水、防塵仕様の「GZE-1」を10月27日に発売する。

ダンスやBMX、スケートボード、スノーボード、サーフィンなど激しい運動に対応する4m落下耐衝撃性能、50m防水性能、IP6Xの防塵性能、-10°Cの耐低温性能を備える。衝撃に強い腕時計「G-SHOCK」や、アウトドア向けセパレート型デジタルカメラ「Outdoor Recorder」でつちかった知見を生かした。

また190.8°(静止画)/170.4°(動画)の画角で撮影できる超広角レンズにより、広々とした背景で臨場感のある写真が撮影できる。さらに決め技の瞬間など、動画の一部だけをスローモーションで撮影する「ドラマチックスロー機能」も備える。

デザインは、手に持ったときも格好良く見えるよう武骨なフォルムに仕上げた。タフネス性能を実現する構造設計に加え、手になじむようボタンの大きさやボタン間のスペースを綿密に計算している。随所に配したバンパーが落下衝撃からレンズやボタンを保護すると同時に、ボタンへ指を導くガイドとしても役立つ。

690万画素の1/2.3型CMOSを搭載する。サイズは74.1×75.0×46.4mm。重さは電池など込みで約172g。Wi-FiとBluetoothで外部と連携する。

合わせてスマートフォン向け専用アプリケーション「G'z EYE」を公開している。カメラと連携してスマートフォンに写真を転送できるほか、目の前のスポーツに集中できるようシャッターボタンのみを画面に大きく表示し、スマートフォンを見ずにリモート撮影ができるモードも搭載する。

オープン価格だが店頭実勢予想は5万円前後(税込)。なお別売のオプションとして耐衝撃・防水のリモートコントローラーやハーネスなどもある。

すべての動画・画像がある記事はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【有機ELテレビ徹底比較!】映像への没入感に徹底的にこだわった4Kテレビ『ブラビア KJ-55A1』
【本日のセール情報】Amazonタイムセールで80%以上オフも! 高耐久性ナイロンLightningケーブルや折りたたみ式PCスタンドが登場
ソフトバンク、iPhone Xの価格を発表
小学生向けプログラミング学習アプリ、DeNAが無料公開 iOS/Android/Windows対応
中国製薄型テレビに世界が震撼!なんとiPhone8の半分―中国メディア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加