ディズニー実写映画「ダンボ」海外版予告が公開、監督はティム・バートン

ディズニー実写映画「ダンボ」海外版予告が公開、監督はティム・バートン

  • 映画ナタリー
  • 更新日:2018/06/14

ティム・バートンが監督を務めるディズニーの実写映画「Dumbo(原題)」の海外版予告編がYouTubeで公開された。

No image

2017年1月に来日した際のティム・バートン。

1941年に製作されたディズニーアニメーション「ダンボ」を、バートンが「トランスフォーマー」シリーズの脚本家アーレン・クルーガーとタッグを組んで実写化。予告編にはCGで描かれたダンボが大きな耳で宙を飛ぶシーンや、コリン・ファレルエヴァ・グリーンマイケル・キートンらが演じるサーカス関係者の姿が収められている。

「Dumbo」は2019年3月に全米公開を予定。なお同じく「くまのプーさん」を実写化した「プーと大人になった僕」が9月14日より日本公開されるほか、「ムーラン」「ライオン・キング」といった作品をもとにした実写映画も製作されている。

(情報提供:Indiewire.com / IFA / ゼータ イメージ)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
放送中止のドラマ『幸色のワンルーム』は、そんなに危険な話なのか?
年上女性と不倫に走る大学生/岡田准一の幅広い役柄
大傑作『ワンダー 君は太陽』を更に深く楽しむためにオススメな2本の映画とは?
准一、初の“殺し屋”!「ザ・ファブル」映画化
ディズニーキャラたちを「リアルな人間」として描いた肖像画が素晴らしい! 息づかいすら感じられそうな迫力が人気を集める
  • このエントリーをはてなブックマークに追加