映画館に行列も!?『ご注文はうさぎですか??』週末動員4位にぴょんぴょん大躍進

映画館に行列も!?『ご注文はうさぎですか??』週末動員4位にぴょんぴょん大躍進

  • ニュースウォーカー
  • 更新日:2017/11/15
No image

人気アニメ「ご注文はうさぎですか??」の新作エピソードが劇場に登場 [c] Koi・芳文社/ご注文は製作委員会ですか??

10月第2週の映画動員ランキングで『劇場版 Fate/stay night [Heaven’s Feel]I.presage flower』が初登場1位を獲得するなど、上位の常連とも言えるアニメ作品。この週末、11月11・12日の同ランキングでは『ご注文はうさぎですか?? ~Dear My Sister~』が全国40館という小規模公開ながら、2日間で動員7万9000人、興収1億200万円を記録。初登場4位に入る好成績となった。

【写真を見る】種田梨沙の元気な声が聞けて、安心したファンも多いはず(『ご注文はうさぎですか?? ~Dear My Sister~』)

同作は「まんがタイムきららMAX」で連載中の4コマ漫画が原作。とある喫茶店を舞台に少女たちのほのぼのとした日常が繰り広げられ、14年と15年に2度TVアニメ化もされたヒット作だ。公開初日は東京・新宿バルト9で舞台挨拶が行われ、佐倉綾音、水瀬いのりらキャストに加え、橋本裕之監督も登壇。また、本作では喉の病気で1年ほど休養していた人気声優・種田梨沙もTVシリーズに続きミリタリー好きのお嬢様・リゼを演じており、舞台挨拶にも駆け付け大勢のファンを喜ばせた。

■ 根強いファンに支えられるアニメ作品

小規模公開ながら各劇場では初回から満席が続出。劇場では缶バッジやTシャツなど関連グッズを買い求める行列ができるなどの盛況ぶりとなり、原作&アニメファンの心強い後押しもあったと見られる。また、来場者特典として原作者描き下ろし複製ミニ色紙(全4種ランダム)を配布。イラストは週替わりとなるため、リピーターによる高い稼働率も期待でき、動員数はまだまだ伸びそうだ。

■ 「HiGH&LOW」シリーズが2作連続で1位に輝く!

同週末に初登場1位を飾ったのは、『HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION』。動員23万7212人、興収3億382万9900円を稼ぎ、前作『~END OF SKY』(17)に続く初登場首位獲得となった。EXILE TRIBEのメンバーを中心に若手俳優が出演し、従来は彼らの女性ファンの稼働が目立ったが、今作は男女比率が4:6と男性の支持率が拡大。ド派手なアクションはもちろん、敵役の岸谷五朗や岩城滉一ら実力派俳優の活躍などもあり、固定のファンに留まらず、映画としての新たな客層の獲得に成功したと言える。

海外勢では、動員17万人、興収2億2500万円を挙げた『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』が前週に続き2位をキープ。動員9万2000人、興収1億3800万円の『マイティ・ソー バトルロイヤル』は前回の1位から3位に下がる結果となった。

その他、前回1位の『ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~』が5位、前々回1位の『映画キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!』が6位と好調を維持。また、12月15日(金)公開の『スターウォーズ/最後のジェダイ』に向けた、前作『スターウォーズ/フォースの覚醒』(15)の振り返り上映も好評を博したようだ。

強さを見せるアニメ作品。次週は『GODZILLA -怪獣惑星-』が控え『シン・ゴジラ』(16)に続くゴジラ映画ということからも、何位へ食い込んでくるのか興味は尽きない。【トライワークス】(Movie Walker)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
新しい解釈や想定外のことを仰ってくれたら嬉しい─『永遠のジャンゴ』エチエンヌ・コマール監督インタビュー
米アリア、ミッドシップスポーツカー公開予定...ティザーイメージ【ロサンゼルスモーターショー2017】
エクソシストと現代人のメンヘルとの関係性は? ドキュメンタリー映画『悪魔祓い、聖なる儀式』
中条あやみ、ボーカリスト役オファーは「まるで罰ゲーム」 20歳を迎えた心境語る
HKT48全員主演映画 48本11時間 一挙公開! 指原もビックリの6周年企画
  • このエントリーをはてなブックマークに追加